本文へスキップします。

ここから本文です

年金の在職支給停止

老齢厚生年金を受けている方が、被保険者等(※1)となって、「賃金+年金」の月額が一定の金額(65歳未満の方は28万円、65歳以上の方は47万円)を超えた場合、年金の一部または全部が支給停止となります。

(1)65歳未満の場合

基本月額(※2)と総報酬月額相当額(※3)の合計額が28万円を超える場合に、下記に掲げる区分に応じた年金の支給停止(以下「低在老方式」といいます)が行われます。

A. 総報酬月額相当額が47万円を超える場合の支給停止額

ア 基本月額が28万円以下の場合

  (47万円 + 基本月額 - 28万円) ÷ 2 + (総報酬月額相当額 - 47万円)

イ 基本月額が28万円を超える場合

  47万円 ÷ 2 + (総報酬月額相当額 - 47万円)

B. 総報酬月額相当額が47万円以下の場合の支給停止額

ア 基本月額が28万円以下の場合

   (総報酬月額相当額 + 基本月額 - 28万円) ÷ 2

イ 基本月額が28万円を超える場合

   総報酬月額相当額 ÷ 2

(2)65歳以上の場合

基本月額と 総報酬月額相当額の合計額が47万円を超える場合に、下記に掲げる区分に応じた年金の支給停止(以下「高在老方式」といいます)が行われます。なお、70歳以上の方については、厚生年金の被保険者ではありませんが、報酬を受け取っている場合には、調整の対象となります。