本文へスキップします。

ここから本文です

マイナンバーを利用した情報連携について

令和元年7月1日から、年金の手続きに関して、国家公務員共済組合連合会(KKR)と地方自治体等との間でマイナンバーを利用した情報連携(照会)が行えるようになり、これまで年金の手続きの際にご提出いただいていた添付書類の一部が省略できるようになりました。

KKRから地方自治体等への情報照会【令和元年7月1日開始】

KKRから地方自治体等に対してマイナンバーを利用して必要な情報の照会を行うことによって、年金の手続きを進めることができるようになりました。
これにより、下の表のとおり、年金の請求や届出に必要な添付書類の一部が省略することができます。

          
手続例提出を省略することができる書類
・老齢厚生年金の請求手続き
(加給年金額加算対象者がいる場合)
・障害厚生年金の請求手続き
(加給年金額加算対象者がいる場合)
・遺族厚生年金の請求手続き
住民票、所得証明書、課税(非課税)証明書
・未支給年金の請求手続き 住民票

※すべての書類の提出が省略されるわけではありませんので、ご注意ください。




「マイナンバーの情報連携」に関するQ&Aについてはこちら

年金関係のマイナンバーの利用についてはこちら