本文へスキップします。

ここから本文です

Q 源泉徴収票の「所得税法第203条の3第1号適用分(同第2号から第4号適用分)」とはどのようなものですか。

A

次のとおりです。

所得税法第203条の3
第1号適用分
「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を連合会に提出された方(注)
所得税法第203条の3
第2号適用分
「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を連合会に提出された方のうち、国民年金法による老齢(障害)基礎年金と、「退職共済年金」の両方を受給されている方(注)
所得税法第203条の3
第3号適用分
退職年金(退職等年金給付)、経過的職域加算額(退職共済年金)、老齢厚生年金の受給者で、「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を連合会に提出された方
所得税法第203条の3
第4号適用分
「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を連合会に提出されていない方、又は提出を要しない方

(注)年中に65歳に達した方は、65歳に達した月までの分は「第1号適用分」欄に、65歳に達した翌月分からの分は「第2号適用分」欄に、それぞれ記載しています。