Q 私は、現在、退職共済年金を受給しています。平成27年の10月から共済年金が厚生年金になると聞きましたが、私の年金も10月から厚生年金になり、年金機構から受給することになるのでしょうか。

A

 今までどおり「退職共済年金」を国家公務員共済組合連合会から受給することになります。

 
被用者年金制度の一元化により、平成27年10月からは共済年金は厚生年金に統一されることになりますが、現在受給されている年金についての名称変更はありません。

 ただし、現在「退職共済年金」を受給されている方が65歳未満である場合には、その方が65歳になられた以降、いわゆる2階部分については「退職共済年金」ではなく「老齢厚生年金」を受給することになります。

 また、被用者年金制度の一元化により職域部分(3階部分)は廃止されますが、既に「退職共済年金」を受給されている方や平成27年9月までの組合員期間を有する今後年金権を取得される方につきましては、従来どおりの計算方法による職域部分(3階部分)を受給することができます。

 【退職(老齢)給付における受給例】 ※1年以上引き続く組合員期間がある方に限られます。

退職(老齢)給付における受給例


 なお、上記のいずれの場合におきましても、支給機関の変更はありませんので、従来どおり当会から年金を受給することとなります。

【参考】
・ 関連した「よくある質問」は、こちら
・ 平成26年10月発行リーフレット 平成27年10月から共済年金は厚生年金に統一されます (PDF1.59MB)

ページトップへ

退職者・年金受給者の皆さま向けQ&A

厚生年金・退職等年金給付

  • KKR年金だより
  • 組合ご担当者の方(ID・パスワード要)