KKR ホテルズ&リゾーツからのお知らせ

【KKRホテル大阪】水墨による抽象画「篠田桃紅」さんの作品紹介

2015年03月19日

水墨による抽象画「篠田桃紅」さんの作品紹介

今回は日本の美術家「篠田桃紅(とうこう)」さんの作品をご紹介します。作品は文字の決まり事を離れた新しい墨の造形を試み、水墨の抽象画=墨象と呼ばれています。
「篠田桃紅」さんの作品は、1964年国立代々木競技場の壁画、1974年増上寺大本堂ロビーの壁画、1977年ワシントン駐米日本大使館公邸壁画、2005年京都迎賓館貴賓室の絵画、コンラッド東京のロビーの絵画、2007年皇室専用の新型車輌の内装壁画 など数多くの作品を手がけられ、皇居や大英博物館など国内外で収蔵されています。昨年12月には101歳で九州福岡にて個展が開催されました。KKRホテル大阪12階レストランシャトーには「篠田桃紅」さんの作品が5点飾られています。
レストランシャトーにお越しの際には是非この作品をご覧ください。