Q 在職中から障害等級2級の障害厚生年金と障害基礎年金を受給しています。老齢厚生年金の受給権が生じた場合どのようになりますか。

A

給付事由が異なる2つ以上の年金の受給権(年金を受ける権利)を取得したときは、「併給調整」により、いずれか1つの年金を選択して受給し、その他の年金は支給停止になります。

したがって、障害厚生年金と障害基礎年金の合計額と老齢厚生年金の額を比較して、いずれかを選択して受給することになります。

なお、この「併給調整」による年金の選択は、いつでも将来に向かって変更することができます。

ページトップへ

年金給付について

厚生年金・退職等年金給付

  • KKR年金だより
  • 組合ご担当者の方(ID・パスワード要)