「年金受給資格期間の改正(25年⇒10年)」に関するQ&A

Q
なぜ今回、年金受給資格期間が改正されたのですか。
Q
「資格期間」にはどのような期間が該当するのですか。
Q
平成29年8月1日に年金の受給権が発生する「経過措置」に該当するのはどのような場合でしょうか。
Q
年金制度に加入した期間が10年以上なければ今回の改正でも年金は受けられないのでしょうか。
Q
「経過措置」に該当する場合、年金の請求手続きはどのようにしたらよいでしょうか。
Q
「経過措置」による年金を請求した場合、最初の年金の支払いはいつになりますか。
Q
職歴として国家公務員のほか民間会社にも勤めていたことがありますが、複数の職歴がある場合の年金はどのように支払われるのでしょうか。
Q
年金の請求手続きについて不明な点は、どこに問い合せすればよいのでしょうか。
Q
年金制度に加入していた期間が10年以上ありますが、この他、古い時代の専業主婦であったカラ期間を含めると25年以上となる場合、今回の改正とどのように関係するのでしょうか。
Q
過去に国家公務員として短期間勤めていましたが退職時に「退職一時金」を受けました。この退職一時金を受けた期間については年金の対象にならないのでしょうか。
Q
国家公務員共済の期間については既に「脱退一時金」を受けてしまっていますが、この期間は年金の対象になるのでしょうか。
Q
国家公務員共済の期間については既に「返還一時金」を受けてしまっていますが、この期間は年金の対象になるのでしょうか。
Q
これまでの共済年金制度では、年金の受給資格が得られない場合、一定の条件のもと「脱退一時金」または「返還一時金」を請求することができましたが、今回の改正によりこれらの一時金の請求についてはどのように取り扱われるのでしょうか。
Q
今回の改正(資格期間が25年から10年)では遺族年金の支給要件なども見直されたのでしょうか。


ページトップへ