Q 退職共済年金の受給者ですが雇用保険制度の高年齢雇用継続給付金を受給しながら、民間会社に再就職して厚生年金の被保険者となっています。被用者年金制度の一元化後は、年金支給額が変わることがあるのでしょうか。

A

 在職支給停止に加えて、年金の一部が支給停止されることがあります。

 65歳未満である退職共済年金の受給権者の方が、雇用保険の高年齢雇用継続給付(高年齢雇用継続基本給付金・高年齢再就職給付金)を受給している場合は、平成27年10月以後は、厚生年金に加入している場合(注1)、在職支給停止(注2)に加えて、年金の一部が支給停止されることがあります。

在職支給停止

注1 平成27年9月までは公務員共済の組合員である間のみ調整の対象となっていましたが、同年10月からは会社員や私立学校教職員である間も調整の対象となります。
注2 在職支給停止制度とは、退職(老齢)年金の受給権者の方が、会社等へ在職している間の賃金と年金に応じて年金額の全部または一部が支給停止される制度のことをいいます(詳しくは、こちら)。

【参考】
・ 関連した「よくある質問」は、こちら
・ 平成26年10月発行リーフレット 平成27年10月から共済年金は厚生年金に統一されます (PDF1.59MB)

ページトップへ

退職者・年金受給者の皆さま向けQ&A

厚生年金・退職等年金給付

  • KKR年金だより
  • 組合ご担当者の方(ID・パスワード要)