本文へスキップします。

ここから本文です

令和3年度の年金額改定について(退職等年金給付)

令和3年度の年金額改定について(退職等年金給付)

退職等年金給付の退職年金は、「終身退職年金」と「有期退職年金」から構成され、「終身退職年金」および「有期退職年金」の年金額を計算する際に用いる「年金現価率」(※)は向こう1年間において適用される率を毎年9月末までに国家公務員共済組合連合会の定款で定めることとされており、毎年10月に見直しが行われることになっています。
本年については、年金現価率を計算する際に用いる「基準利率」の変更がなかったことから、終身退職年金を計算する際に用いる「終身年金現価率」や有期退職年金を計算する際に用いる「有期年金現価率」の変更もありませんでしたが、年金受給権者の方々個人の終身年金現価率に対応する「年齢区分」や有期年金現価率に対応する「支給済月数」の更新により、令和3年10月から翌年9月までの期間における年金額を計算しました。
上記にて計算した年金額については、12月上旬に年金額改定通知書を送付しお知らせしております(年金額に変更がなかった方にもお知らせしております(下記Q&Aの「Q1」を参照))。

(※) 年金現価率 : 基準利率、死亡率の状況およびその見通し等を勘案して年金額が終身(有期の場合は支給残月数)にわたり、概ね一定額となるように設定されます。

Q&A

(Q1)年金額が変更されていないのに改定通知書が送られてきたのはなぜですか。

年金額を計算する際に用いる「年金現価率」は、その年の10月から翌年9月までの向こう1年間において適用される率を毎年定めていることから、10月からの年金額についても、その定められた率を用いて改めて計算することになります。
このため、年金額の変更の有無にかかわらず、本年10月から翌年9月までの1年間に適用される年金額をお知らせしております。

(Q2)改定通知書が2段書きになっているのはなぜですか。

上段には令和3年9月までの改定前の年金額、下段には令和3年10月以降の年金額を表示しております。

(Q3)有期退職年金の欄がアスタリスク(*)で消されているのはなぜですか。

有期退職年金については、一時金を選択され、既に受給済となっていることから、年金額は表示しておりません。



令和3年度の年金額について(厚生年金保険)はこちら