令和元年度 虎の門病院 本院 病院指標

このページを印刷

はじめに

DPC病院指標とはDPCデータから厚生労働省が定めた条件に基づき全国統一の定義と形式に基づいて作成した指標です。病院の実態をあらわす診療実績とは異なります。

病院指標項目

用語の解説

病院指標

医療の質を一定の定義と形式に基づき具体的に数値化し、客観的に評価したものをいいます。

DPC(診断群分類別包括制度)

病名等により1日あたり包括部分の入院費が決まり、この額に出来高部分の額を合算する計算方法のことです。

DPC(包括支払い)方式

DPC14桁コード

入院で行われた治療行為を、医療資源を最も投入した傷病名に手術、処置の有無などを組み合わせて示したものです。

Kコード

診療報酬点数表の手術の種類ごとに決められたコードです。

平均在院日数

当院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

全国平均在院日数

病院に入院していた日数(在院日数)の全国の平均値です。

転院率

該当する症例数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

当院は医療機関ホームページガイドラインを遵守しています

1. 年齢階級別退院患者数

指標の意義

令和元年度中に当院を退院した患者の入院時年齢を10歳刻みで集計しました。年齢別に患者の分布をみることで病院の特徴をある程度知ることができます。

算出定義

  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日までの退院患者さんが対象となります。
  • 入院時年齢を集計しています。
  • 0歳以上は10歳刻みとし、90歳以上はひとつの階級として設定しています。
  • 臓器移植、自費、自動車賠償責任保険、労災保険の患者さんは対象外となります。

算出結果

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 344 110 428 840 1714 2739 3734 4694 2209 224
解説

当院は医学への精進と貢献、病者への献身と奉仕を旨とし、その時代時代になしうる最良の医療を提供することを基本理念として「あなたにも、私たちにも、満足度の高い医療を提供します」をモットーに、35の診療科に分化された高度な先進医療を担う急性期病院として日本全国から幅広い年齢層の患者さんを診療しています。超高齢社会を反映して60歳代から70歳代の年齢層が多くなっています。0歳から9歳までの10歳未満の患者さんが比較的多い理由としては、小児救急を受け入れ、一般の疾患に対し24時間入院治療ができる体制を整えていること、幼い患者さんに対する全身麻酔下での母斑や腫瘍に対する入院治療が多いことがあげられます。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

指標の意義

診療科別に症例数の多い上位5つのDPC14桁コードについて、それぞれの症例数、当院と全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しました。
各診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることが出来ます。患者さんが医療機関を選択する際の情報としても有効活用できる指標です。

算出定義

  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日までの退院患者さんが対象となります。
  • 臓器移植、自費、自動車賠償責任保険、労災保険の患者さんは除きます。
  • DPCデータより算出しています(短期入院、出来高算定患者等は除外となります)。
  • 標榜診療科ごとに、症例数の多いDPC14桁コード上位5症例を掲載しています。
  • 症例数が10例以下のものについては、個人情報保護の観点より「-」と表記しています。

算出結果

肝臓内科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 肝がんに対する血管塞栓術(TAE(TACE)) 92 13.97 10.25 0.00% 73.8
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 肝がんに対する精査・加療 40 11.40 9.27 5.0% 74.4
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害-処置1:0-処置2:0-副病:0 アルコール性肝硬変に対する精査加療 34 17.79 14.62 8.8% 59.2
060050xx02x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-肝切除術 部分切除等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 肝がんに対する精査・加療 28 28.29 13.74 3.6% 70.8
060050xx99x40x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 肝がんに対する化学療法 28 20.07 10.89 3.6% 69.2
解説
肝臓内科のDPC症例で最も多いのは肝がんの血管塞栓術(TAE(TACE))でした。平均年齢は74歳とご高齢の患者さんが多いことがわかります。肝がんは再発しやすい腫瘍ですので、再発部位に繰り返し治療を行うための入院も多くなっています。
DPC対象外ですので当集計からは除外となりますが、C型肝炎の薬剤導入目的の入院も肝癌に次いで多い症例となりました。患者さんひとりひとりに合わせて最適な治療を選択し、消化器外科と連携し全力で治療にあたっています。

血液内科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 悪性リンパ腫に対するリツキサン(分子標的療法)による治療 89 13.30 15.79 0.00% 68.5
130010xx97x2x 急性白血病-手術あり-処置1:0-処置2:2あり-副病:0 急性骨髄性白血病に対する化学療法 86 44.27 39.36 2.3% 50.5
130030xx97x40xx 非ホジキンリンパ腫-手術あり-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 悪性リンパ腫に対する移植のための造血幹細胞採取 62 51.26 31.30 0.00% 64.6
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置1:0-処置2:3あり-副病:なし 悪性リンパ腫に対する化学療法 39 19.44 16.50 0.00% 64.0
130010xx99x0xx 急性白血病-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 急性骨髄性白血病に対する精査加療 32 15.88 8.57 0.00% 49.9
解説
血液内科のDPC症例で最も多いのは非ホジキンリンパ腫のリツキサンによる治療入院です。初回治療の患者さんは数日間の入院を要しますが、多くの場合は外来化学療法室での通院治療となります。非ホジキンリンパ腫の造血幹細胞採取は、そのあと行う自家移植のために実施します。DPC対象外のため当集計からは除外となっていますが、血液内科では急性白血病やリンパ腫に対する造血幹細胞移植も多く行われております。当院は国内最多件数の造血幹細胞移植実施施設であり、このうち臍帯血移植の割合が多くを占めているのが特徴です。疾患の状態や患者さんの状態(年齢等)に合わせた移植方法を選択しており、60歳代から70歳代前半の患者さんに対して同種造血幹細胞移植の適応が広がっています。移植の準備・実施・退院後の診療については医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、移植コーディネーターがチームとしてあたり適切な治療が提供できるように努めています。
 

内分泌・代謝内科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満 2型糖尿病の教育入院(インスリン導入) 57 10.00 13.72 0.00% 63.4
100260xx9710xx 下垂体機能亢進症-手術あり-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 下垂体腫瘍の内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出手術と下垂体前葉負荷試験 44 13.84 18.54 0.00% 45.9
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-85歳未満 2型糖尿病の精査加療 31 8.65 10.84 0.00% 62.3
100260xx9910xx 下垂体機能亢進症-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 下垂体腫瘍の下垂体前葉負荷試験 31 7.94 6.33 0.00% 50.5
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 原発性アルドステロン症の精査・加療 21 4.10 6.24 0.00% 51.1
解説

内分泌代謝科は内分泌部門と糖尿病・代謝部門のふたつの専門で形成しています。診療科としてのDPC症例トップ5は上記のようになりました。部門ごとの解説は以下の通りです。

【内分泌部門】
内分泌部門で最も多い症例は下垂体腫瘍の内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術のための入院です。間脳下垂体外科で手術を行ったあとに当科に転科して、原疾患による内分泌障害の改善の程度の評価と補助療法を実施し、さらに各種のホルモンが不足していないか適切な評価と治療方針の決定を行っています。患者さんごとに最適な治療法を考えながら診療科間で連携して治療にあたっています。次に多いのは副腎疾患の精査目的入院で、特に原発性アルドステロン症の診断のための入院が多くいらっしゃいます。

【糖尿病・代謝部門】
糖尿病・代謝部門で最も多い症例は2型糖尿病の教育目的入院です。教育入院は、食事療法や運動、投薬について患者さんとご家族の皆さんが糖尿病について十分に理解され、自己管理していただくことを目標としています。糖尿病治療の目的は血管合併症の発症、進展を防止して日常生活の質の維持と健康寿命を確保することです。このためには血糖値を患者さんそれぞれに適正なレベルにコントロールする必要があります。当院は総合病院という特性から基礎疾患のあるご高齢の患者さんも多くいらっしゃいます。入院中に合併症の検査を行い他の診療科と連携しつつ、診断結果に基づいて最適な治療法を決定しています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:0 睡眠時無呼吸症候群に対する終夜睡眠ポリグラフィー 330 2.00 2.03 0.00% 55.3
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 間質性肺炎に対する精査・加療 136 14.29 18.84 1.5% 71.2
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 肺がんの精査(気管支鏡など)・加療 77 5.07 3.34 0.00% 71.6
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 肺がんに対する化学療法 74 12.18 9.59 0.00% 67.0
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 誤嚥性肺炎の加療肺がんの精査・加療 58 24.95 20.84 10.3% 79.1
解説

当院では睡眠時無呼吸症候群に対する終夜睡眠ポリグラフの検査を1泊2日で行っています。一年間で330例実施しました。

呼吸器センター内科で取り扱う最も多い疾患は肺がんです。DPCで見る場合、肺がんはその治療法により症例の分岐が多くなり結果としてDPC症例数としては分散しますので当集計のようになります。
DPC症例としましては、肺がん以外では間質性肺炎、および誤嚥性肺炎の加療目的入院が多くなっています。間質性肺炎やびまん性汎気管支炎などのびまん性肺疾患に関しては、厚生労働省の「びまん性肺疾患に関する調査研究班」に参加し、診断や治療に関する研究を日々、行っています。肺炎の患者さんはご高齢になるほど重症化する傾向がありますので早期の診断と治療が大変重要です。後述の指標4「成人市中肺炎の重症度別患者数」もご参照ください。3番目に多い症例は肺がんに対する化学療法目的の入院です。化学療法はお薬を使う治療で、進行期や術後の患者さんに行います。個々の患者さんに最も適したお薬を選択し、肺がんの治療成績向上のため多くの臨床試験に参加し新しい治療法の開発にも積極的に取り組んでいます。

消化器内科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 大腸腺腫に対する内視鏡的粘膜下層剥離術 244 3.37 2.63 0.00% 66.5
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 胃がんの内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜下層剥離術(ESD) 202 10.23 8.27 0.00% 71.1
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 胆管結石の内視鏡治療、悪性胆管狭窄の内視鏡的胆管ドレナージ等 157 10.69 9.79 3.2% 67.8
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 大腸憩室炎に対する精査加療 74 7.43 7.65 0.00% 61.0
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-内視鏡的食道粘膜切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 食道がんの内視鏡的食道粘膜下層剥離術(ESD) 70 11.79 8.78 1.4% 69.4
解説

消化器内科は胃腸グループと肝胆膵グループのふたつの専門で構成されています。診療科としての症例トップ5は上記のようになりました。

【胃腸科】
当科で第1位の症例は、大腸の腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術(ESD)です。2番目に多いのは胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。食道がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)も多く実施されています。近年の内視鏡技術の目覚ましい発達で早期がんの発見される頻度は増加し、早期がんであれば内視鏡切除などの局所切除で患者さんの身体の負担が比較的少なく治療することができます。大腸憩室炎では食事を一旦お休みし点滴を行いながらの加療となります。

【肝胆膵科】
肝胆膵グループでは学会認定の超音波指導医及び専門医、超音波検査師を有し、エコー検査を中心に他の画像検査と組み合わせて正確な診断を心がけています。エコー検査は患者さんの身体に負担が少ないため、ご高齢の患者さんが比較的多いのも当科の特徴です。肝胆膵グループで最も多い症例は総胆管結石のERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)と結石除去、胆管ドレナージのための入院で診療科全体の第3位となりました。当院では学会認定の内視鏡指導医及び専門医が治療します。疾患では他に膵がんの治療入院や肝がんの治療も実施しております。エコー、CTなどは可能な限り外来で実施し、確定診断のために入院して内視鏡検査を行っています。
いずれの疾患も、手術が必要な場合はスムーズに消化器外科に転科できる連携体制をとっています。

脳神経内科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 脳梗塞のエダラボン(急性期脳梗塞の治療薬)による加療 36 16.42 16.13 13.9% 62.6
010060×2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 脳梗塞の加療(リハビリテーションあり) 24 18.17 16.16 20.8% 66.7
010230x99xx00x てんかん-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし てんかんの精査・加療 24 4.08 7.10 0.00% 42.9
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作-処置1:0-処置2:なし-副病:0 一過性脳虚血発作の精査加療 16 5.00 6.22 0.00% 60.3
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 めまいの精査・加療 13 3.39 5.01 0.00% 61.0
解説
脳神経内科で最も多い症例は脳梗塞で約120例の入院がございました。DPCでは治療法や重症度による評価で分岐が多岐にわたるため上記のようになっています。脳梗塞のなかでも、急性期脳梗塞に対しエダラボンを使用する症例が最も多くありました。当院は東京都脳卒中急性期医療機関の指定を受けており、神経内科、脳神経外科、脳神経血管内治療科の3科で脳卒中センターを形成し24時間昼夜を問わず治療にあたっています。脳卒中センターでは急性脳梗塞などの脳血管障害の急性期治療として、rt-PA静注療法などの内科的治療とカテーテルによる脳血管内治療、外科的治療(手術)を偏りなく最適な治療を病状に応じて実施できる体制をとっています。脳梗塞はその特性から、治療が長期に渡ることが多くありますので回復期や長期療養に関しましては地域の医療機関と連携し、転院できることを重視しています。指標5「脳梗塞のICD別患者数」もご参照ください。
脳梗塞以外にもてんかんや末梢性めまい症、パーキンソン病など神経疾患の広い領域をカバーしています。

循環器センター

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 狭心症の経皮的冠動脈形成術 260 4.93 4.40 0.00% 68.8
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 狭心症の心臓カテーテル検査等 243 3.10 3.01 0.00% 67.4
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈-経皮的カテーテル心筋焼灼術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 心房細動および頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術 139 5.42 5.02 0.00% 60.3
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:なし-副病:なし 狭心症の心臓カテーテル検査等 97 3.40 3.15 0.00% 70.0
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 心不全の精査・加療 64 16.34 17.71 6.2% 77.9
解説

当院は東京都CCUネットワークに加盟しており、24時間、循環器専門医師による救急患者の受け入れが可能で、循環器内科当直がおります。
循環器センターではカテーテル検査入院およびカテーテル治療の症例数が多くなっています。
冠動脈の狭窄または閉塞部位にバルーンやステントで血管を拡張、もしくはロータブレーターで石灰化病変を削るPCI(経皮的冠動脈インターベンション)も多く実施しています。
第3位のカテーテルアブレーションは頻脈性不整脈に対する治療です。不整脈のひとつである心房細動を放置しますと脳梗塞を起こす危険がありますので予防として抗凝固薬の内服を行い、必要と患者希望に応じカテーテルアブレーションを行います。
第5位は心不全の急性憎悪に対する精査加療でした。病名だけでみますと心不全は狭心症や頻脈性不整脈とともに多くなりますが、治療内容ごとにDPC分類が細かく設定されているため症例数は分散しています。

腎センター

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 腎機能低下、腎機能低下に伴う体液異常の管理等 91 6.21 11.67 0.00% 61.3
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 末期腎不全の内シャント設置術(透析なし) 45 7.60 8.48 2.2% 67.0
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 全身性の血管炎や全身性臓器障害を合併した膠原病の精査加療 40 14.35 15.48 0.00% 62.0
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし 慢性腎臓病に対する経皮的腎生検 24 8.54 7.00 0.00% 56.0
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:1あり-副病:なし 末期腎不全に対する透析治療 22 15.77 14.23 0.00% 58.5
解説

腎センターの主な症例は、腎機能が低下した患者さんの体液異常などの管理を目的とした入院です。心不全などを合併した慢性腎不全の患者さんの加療や腎移植患者の保存期管理などを行っています。当院は川崎市の分院とともに(社)日本臓器移植ネットワークの腎臓移植施設に登録されており、内科・外科が連携し腎移植後の管理も行っています。
また、末期腎不全に対して血液透析を導入するための内シャント設置術も行っており、設置した内シャントを使用して行う透析導入のための入院も上位に上がっております。
他には診断目的の腎生検、全身性の血管炎など全身臓器障害を合併した様々な膠原病の患者さんの精査加療や膠原病の診断治療も腎センターで行っています。

精神科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害-処置1:0-処置2:0-副病:0 うつ病の加療 39 44.05 17.98 5.1% 57.9
010010xx9910xx 脳腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0
01021xxxxx0xxx 認知症-処置1:なし-処置2:0-副病:0
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0
100270xxxxx0xx 間脳下垂体疾患(その他)-処置1:0-処置2:なし-副病:0
解説

精神科ではほとんどの症例が出来高算定となり、DPC対象として10例以上の症例が掲載できるのは第1位のうつ病の加療のための入院でした。
当院では精神保健福祉法に基づく病棟を持ちませんので外来診療の割合が多くなります。

腫瘍内科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:なし 腎盂・尿管癌に対する化学療法 29 7.28 10.84 0.00% 70.7
11070xx99x20x 膀胱腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:なし 膀胱がんに対する化学療法 19 5.47 10.65 0.00% 63.8
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:3あり-副病:なし 胃癌に対する化学療法 18 6.83 6.39 0.00% 58.3
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 胃がん症状に対する緩和ケア 13 13.39 10.79 0.00% 71.2
070030xxx9901xx 脊椎・脊髄腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:あり-副病:0 転移性脊椎腫瘍に対する化学療法 13 31.77 13.38 7.7% 58.6
解説

臨床腫瘍科はがん薬物療法や緩和ケアを専門とする診療科で、さまざまな悪性腫瘍の治療を行っています。第1位は腎盂尿管に対する化学療法のための入院でした。扱う疾患としましては膀胱がん、胃がんなどが上位の疾患になります。いずれも治療法によるDPC分類の種類が多いため症例数が分散したため、上記がトップ5となりました。
がんの薬物療法は日々進歩し、治療法の選択肢や副作用のコントロールも複雑になっておりますのでそれを専門に扱う(腫瘍内科)の必要性が高まっております。
それぞれ他の診療科と密接に連携をとりながら、さまざまな悪性腫瘍の薬物療法と緩和ケアを実施しています。また、外来での化学療法も多く行っており、外来化学療法室には専門スタッフが常駐して対応しています。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 原発性肺がん・転移性肺腫瘍に対する胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 213 11.53 11.51 0.5% 68.9
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍-肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等-処置1:0-処置2:0-副病:0 炎症性肺疾患や良性肺腫瘍に対する胸腔鏡下肺切除術 37 10.24 9.26 0.00% 62.9
040200xx01x00x 気胸-肺切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 気胸に対する胸腔鏡下肺切除術 26 7.12 10.18 3.8% 33.9
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍-縦隔悪性腫瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 縦隔腫瘍(胸腺腫や胸腺がん)に対する胸腔鏡下手術 14 6.36 9.75 0.00% 61.3
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 急性膿胸や肺膿瘍に対する胸腔鏡下手術 14 7.57 31.04 0.00% 64.1
解説
上記はDPCというまとめ方別で、当科の入院での胸腔鏡下手術対応疾患別トップ5を提示してあります。
肺の悪性腫瘍(手術あり)とは肺がんや転移性肺腫瘍に対して、良性疾患肺切除術とは上記の肺悪性腫瘍以外(炎症性肺疾患や良性腫瘍等)に対して、気胸肺切除術とは自然気胸やその他の気胸に対して、縦隔の良性腫瘍(手術あり)とは成熟奇形腫、神経原性腫瘍、嚢胞性腫瘤等に対して、縦隔悪性腫瘍手術等とは胸腺腫や胸腺がん等に対して、各々胸腔鏡下による手術で入院治療を行った症例数を表記してあります。

消化器外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
060035xx01001x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:あり 結腸がんに対する腹腔鏡下切除術 174 14.64 22.75 1.7% 67.4
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 胆石性胆のう炎に対する胸腔鏡下胆嚢摘出術 173 5.62 7.13 0.00% 57.3
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:6あり-副病:なし 大腸がんに対する化学療法(ベバシズマブ、アフリベルセプトベータ) 156 3.69 4.40 0.00% 64.7
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:5あり-副病:なし 直腸癌に対する化学療法(フルオロウラシル、レボホリナートカルシウム、オキサリプラチン) 107 5.15 4.33 0.00% 61.9
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 鼠径ヘルニアに対する手術 107 4.77 4.85 0.00% 69.2
解説

消化器外科は上部消化管グループと下部消化管グループ、そして肝胆膵グループの3つの専門で構成されています。診療科としての症例トップ5は上記の通りになりました。

【上部消化管グループ】
手術症例数だけに着目した場合、令和元年度に一番多く取り扱っている症例は胃がんの手術で約95例、また食道がんの手術は約50例ございました。DPCでは治療ごとの胃がんおよび食道がんの診断群分類が多く設定されているため症例数は分散し、診療科の上位5位には入っておりません。2019年10月より手術支援ロボット(ダヴィンチ)を用いた手術も開始しました。
手術は勿論のこと、食道がん、胃がんとも術後補助、再発治療を中心とした入院・外来通院化学療法を多数実施し、また食道がんにおいて非手術治療希望の患者さんには主に根治的化学放線療法を実施しています。GIST(消化管間質腫瘍)を含む胃の粘膜化腫瘍に対しては、腹腔鏡手術や内視鏡と腹腔鏡を併用した手術を積極的に行っています。

【下部消化管グループ】
下部消化管グループで最も多い症例は腹腔鏡下で行う結腸がん切除術です。治療法による診断群分類が多く症例が分散するため上記件数となっております。手術の適応のある患者さんには出来る限り早期に手術を行うことに努め、外来受診後約2週間以内に手術を実施しています。
適応のある患者さんには傷の小さい低侵襲の腹腔鏡下手術(腹腔鏡手術・ロボット支援下手術)を第一選択とし、早期回復、早期退院につながるように治療を行っています。
また、消化器内科・放射線治療科・臨床腫瘍科と連携し、患者さんに最善な治療を提供できるよう心がけております。

【肝胆膵グループ】
肝胆膵グループでは胆石性胆のう炎や胆のうポリープに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術の症例を最も多く扱っています。通常は無症状でがんの合併が疑われない場合には定期的な経過観察を勧めていますが、胆のうに石が充満したり、胆のうの壁が厚く、胆のうがんと区別がつかない時には手術を行っています。
肝がんは肝動脈塞栓療法やラジオ波治療など、患者さんと肝臓自体の状況をよく確認し、肝臓内科、消化器内科と連携してより適切な治療法を選択しています。

乳腺・内分泌外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 乳がんの腋窩部郭清を伴う乳腺悪性腫瘍手術(部分切除) 185 9.15 10.34 0.00% 56.0
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)-処置1:0-処置2:なし-副病:0 乳がんの腋窩部郭清を伴わない乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除) 156 5.16 6.10 0.00% 55.3
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 乳腺腫瘍切除術 54 2.96 3.94 0.00% 41.5
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 乳がんの精査・加療
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 乳がんに対するマンモトーム生検
解説
乳腺・内分泌外科は乳がんの手術症例が多数を占めています。これらは切除する範囲の大きさやリンパ節治療をどこまで行うかで診断群分類がそれぞれに設定されています。乳がんの治療はホルモン療法や抗がん剤治療、分子標的薬の治療などさまざまな手法を用いることができます。また、適応のある場合は標準的に乳房同時再建が提供できますので他診療科との連携を密にし、患者さんの治療がスムーズに進むよう心がけています。産婦人科リプロダクションチームと連携をとり適応を検討の上将来の妊娠出産を希望される方の胚凍結・卵子凍結にも力を入れています。

脳神経・血管外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 未破裂脳動脈瘤の動脈造影カテーテル検査 126 3.10 3.01 0.00% 59.6
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤-脳血管内手術-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 未破裂脳動脈瘤の脳血管内手術 54 7.56 9.24 0.00% 61.9
010070xx9912xx 脳血管障害-手術なし-処置1:あり-処置2:2あり-副病:0 内頚動脈狭窄症の動脈造影カテーテル検査とSPECT検査 21 3.19 5.11 0.00% 73.1
010070xx02x2xx 脳血管障害-経皮的頸動脈ステント留置術-処置1:0-処置2:2あり-副病:0 内頚動脈狭窄症に対する経皮的頚動脈ステント留置術 18 6.61 12.65 0.00% 71.2
010070xx9910xx 脳血管障害-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 内頚動脈狭窄症の動脈造影カテーテル検査 14 3.07 3.14 0.00% 66.6
解説

脳神経血管内治療科で最も多い症例は未破裂脳動脈瘤の診断目的に行う動脈造影カテーテル検査の入院です。第2位は未破裂脳動脈瘤に対する脳血管内手術です。第3位は内頚動脈狭窄症を治療する際に行う頚動脈の血管造影検査です。第4位は内頚動脈の狭窄に対し、血管の中からカテーテルを使って狭窄を広げる治療になります。
脳血管内手術とは、カテーテルと呼ばれる細い管を使い、脳動脈瘤、頚動脈狭窄、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻などの脳や脊髄の血管疾患を切らずに治す新しい治療法です。脳ドックや頭痛で発見された脳動脈瘤は破裂が切迫していることはほとんどなく、多くの方は治療の必要がありません。いま治療をすべきかどうかゆっくり時間をかけて患者さんと話し合い最善の選択ができるように務めています。診療の結果と患者さんとの相談のうえで、必要に応じて脳血管内手術を提供することにしています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 脳出血の精査・加療 35 12.89 18.81 22.9% 55.2
010010xx97x00x 脳腫瘍-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 脳腫瘍に対する手術(生検やドレナージ) 34 4.88 17.21 2.9% 53.8
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 未破裂脳動脈瘤の動脈造影カテーテル検査 33 3.46 3.01 0.00% 61.7
010010xx01x00x 脳腫瘍-頭蓋内腫瘍摘出術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 脳腫瘍(脳髄膜腫)の摘出手術 32 21.97 21.14 0.00% 57.1
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤-脳動脈瘤頸部クリッピング等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 未破裂脳動脈瘤のクリッピング術 31 18.16 15.07 0.00% 62.0
解説

脳血管障害(くも膜下出血、脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞)や脳腫瘍(聴神経腫瘍、髄膜腫、その他の頭蓋底腫瘍、神経膠腫など)、頭部外傷、顔面痙攣や三叉神経痛などの精査加療を行っています。当科では未破裂脳動脈瘤に対する動脈造影カテーテル検査と脳動脈クリッピング術の症例がDPC診断群では上位となりました。クリッピング術は動脈瘤の根元をクリップで外側から挟み、コブに血流が入らない状態にする治療法です。疾病だけで見た場合、当科で最も多く扱うのは脳腫瘍、とりわけ脳髄膜腫です。

間脳下垂体外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
100260xx9710xx 下垂体機能亢進症-手術あり-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 下垂体腺腫の内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術と下垂体前葉負荷試験 123 16.27 18.54 0.00% 52.4
100250xx971xxx 下垂体機能低下症-手術あり-処置1:あり-処置2:0-副病:0 下垂体機能低下症に対する内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術と下垂体前葉負荷試験 23 15.52 23.34 0.00% 50.4
010010xx01x00x 脳腫瘍-頭蓋内腫瘍摘出術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 脳腫瘍(脳髄膜腫)の摘出手術
100030xx97x0xx 内分泌腺および関連組織の腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 頭蓋咽頭腫の内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術
100260xx9700xx 下垂体機能亢進症-手術あり-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 下垂体機能亢進症に対する内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術
解説

最も多いDPC症例は下垂体腫瘍に対する内視鏡下経鼻的摘出術と術後のホルモン機能評価のための入院です。間脳下垂体外科は間脳下垂体疾患の患者さんの診療に特化し、専門性の高いより高度な医療を集約的に行うことを目的に国内で最初に設立された診療科です。当集計は退院診療科ごとに掲載していますので症例数は123例となりますが、ホルモン管理のために転科をする内分泌代謝科や小児科退院の患者さんもたくさんいらっしゃいます。多くの患者さんに遠方からもおいでいただき、術後のサポートがお願いできるように地方の病院、診療所とも連携をしています。

整形外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 原発性股関節症の人工関節再置換術等 71 25.06 21.53 1.4% 68.8
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0 大腿骨頚部骨折の骨折観血的手術 62 33.76 25.94 59.7% 79.1
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 原発性膝関節症の人工関節再置換術等 44 33.52 23.56 0.00% 75.7
070343xx02x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-内視鏡下椎弓切除術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 脊柱管狭窄症の精査加療(保存治療) 36 12.00 11.88 0.00% 73.7
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:なし 脊柱管狭窄症に対する神経根ブロック注射 33 3.46 6.25 0.00% 74.4
解説

整形外科で最も多い症例は原発性股関節症の人工関節置換術の症例です。第2位は大腿骨頚部骨折の骨折観血的手術、原発性膝関節症に対する人工関節再置換術、脊柱管狭窄症の保存的治療と続きます。
人工股関節・膝関節の手術は当院では、両側同時に行う人工股関節置換術・人工膝関節置換術も行っています。また、いずれもご高齢の患者さんが多く基礎疾患を併存していることが多いことから、その加療のために入院期間が長くなり全国の平均在院日数を上回る結果となっています。膝関節症や大腿骨頚部骨折では手術後リハビリテーションを実施し、転院先の医療機関で継続するということから転院率も高くなっています。

形成外科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍-組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等-処置1:0-処置2:0-副病:0 乳がん術後の乳房再建術 61 4.38 8.03 0.00% 50.9
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)-鼻骨骨折整復固定術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 顔面の骨折に対する整復術 12 4.75 5.26 0.00% 46.2
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 皮下良性腫瘍(脂肪腫等)に対する手術 10 3.20 4.01 0.00% 49.2
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)-四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 骨軟部の良性腫瘍に対する手術
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患-下肢静脈瘤手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 下肢静脈瘤に対するストリッピング手術
解説

平成28年度より、乳がんに対して実施するインプラント(シリコン製人工乳房)による乳房再建術がDPC評価の対象となりました。こちらが形成外科で第1位の症例となります。
第2位は鼻骨骨折・眼底骨折・頬骨の骨折に対する手術となります。その他に外傷後の傷跡・変形・ケロイドの治療も行っております。
本集計は退院科で行っていますので症例トップ5には入りませんが、乳がん術後のエキスパンダー(皮膚拡張器)よる乳房再建術も多くおこなっております。この手術はインプラントを入れる前に胸の筋肉の下に挿入し、皮膚とその周辺の組織を伸ばすためのものです。当院の乳腺・内分泌外科と連携して手術を行い、乳房切除と同時にインプラントを挿入します。

小児科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 新生児呼吸障害、新生児黄疸の精査加療 31 7.74 6.17 0.00% 0.0
04090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-処置1:0-処置2:0-副病:なし 急性気管支炎の加療 27 10.89 6.19 3.7% 0.6
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 15歳未満の肺炎に対する精査・加療 21 8.57 5.69 0.00% 4.5
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 小児の尿路疾患に対する精査・加療 14 12.64 12.58 7.1% 5.8
040100xxxxx00x 喘息-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 小児喘息・喘息様気管支炎の加療 13 9.00 6.64 0.00% 2.2
解説

当院では新生児から思春期まで小児の一般の疾患に対し24時間入院治療ができる体制を整えています。小児の入院の多くは肺炎や胃腸炎を始めとする感染症ですが、特に肺炎・気管支炎や喘息などの呼吸器疾患が1/3を占めています。地域の診療所・病院からの紹介入院や救急外来からの入院が多いことも当院の特徴のひとつです。基礎疾患を持つ方の入院も受け入れているため、気管支炎の入院期間は全国平均より長くなっています。
また、当科では内分泌疾患(主に視床下部、下垂体腫瘍)の診断・治療目的入院も多く、脳神経外科・間脳下垂体外科と連携して専門的な治療を提供し、きめ細かい年齢に応じたケアを行っています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 皮膚、皮下腫瘍の切除 79 3.47 4.01 0.00% 39.2
080180xx99xxxx 母斑、母斑症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 太田母斑等の色素性病変や血管腫に対するレーザー治療 78 3.77 3.92 0.00% 2.5
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)-皮膚悪性腫瘍切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 基底細胞がん(皮膚がん)、有棘細胞がん、パジェット病等の切除 54 8.28 7.90 0.00% 71.1
080020xxxxxxxx 帯状疱疹-処置1:0-処置2:0-副病:0 帯状疱疹の精査・加療 32 7.56 9.00 0.00% 63.9
080010xxx0xxx 膿皮症-処置1:なし-処置2:0-副病:0 蜂窩織炎や丹毒などの皮膚感染症に対する精査・加療 30 9.00 12.55 0.00% 59.7
解説

皮膚科で最も多い症例は皮膚良性腫瘍の摘出術です。良性腫瘍の多くは外来にて局所麻酔下で行いますので、当集計では入院を必要とした症例のみを取り上げています。第2位は全身麻酔下で行う小児のあざに対するレーザー治療のための入院です。生後1才までは外来で局所麻酔下の施術をしますが、1才をこえると部位や範囲によって全身麻酔下で入院治療となります。
皮膚の悪性腫瘍としては、悪性黒色腫やその他の皮膚がんの治療を取り扱っていますが、第3位の皮膚の悪性腫瘍手術にはDPC診断群分類上、悪性黒色腫は含まれていませんので一見少なく表現されています。皮膚のがんに対する治療は悪性黒色腫をあわせると約80件の手術がありました。第4位の帯状疱疹は抗ウイルス薬の投薬で治療を行います。第5位の蜂窩織炎は細菌による皮膚の化膿性炎症です。
皮膚は外から見える臓器ですので症状の軽重にかかわらず心理的に大きな影響を与えます。患者さんの生活の質を改善するため早期に積極的な治療を行っていきたいと考えています。

婦人科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 子宮がんに対する化学療法 83 4.45 4.58 0.00% 58.2
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮頸部(腟部)切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 子宮がんに対する切除術 69 2.99 3.13 0.00% 39.3
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 子宮内膜ポリープに対する切除術 60 3.03 2.90 0.00% 42.2
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 子宮の良性腫瘍(筋腫等)に対する開腹子宮全摘術 57 10.35 9.71 0.00% 47.3
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍-腹腔鏡下腟式子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 子宮の良性腫瘍(筋腫等)に対する鏡視下手術 56 4.91 6.09 0.00% 42.5
解説

第1位は子宮体がん・子宮頸がんに対する化学療法です。化学療法にはこれ以外にも放射線の有無等に応じて複数のDPCコードが存在しています。薬物療法・手術療法など全ての症例をあわせますとご入院は約220例となります。第2位は子宮頸部異形成や上皮内がんといった、初期の子宮頚がんや前がん病変に対する子宮を温存する手術です。3位以降は子宮内膜ポリープに対する手術、子宮筋腫に対する手術となりました。子宮筋腫では、筋腫の位置や数・大きさによって腹腔鏡手術、子宮鏡手術、開腹手術の3種類の手術を行っています。
当科では子宮体がん・子宮頚がん・卵巣がん等悪性腫瘍については婦人科腫瘍の専門医を中心として、手術、化学療法、放射線療法を必要に応じて組み合わせ最も治療が期待でき合併症がより少ない治療法を提供しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし 前立腺がんの生検 218 2.04 2.49 0.00% 68.8
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 膀胱がんに対する経尿道的手術 83 6.13 7.07 0.00% 73.0
11001xxx01x0xx 腎腫瘍-腎(尿管)悪性腫瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 腎がんに対する腹腔鏡下手術 55 10.75 11.14 0.00% 65.9
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等-経尿道的前立腺手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 前立腺肥大症に対する経尿道的手術 51 7.10 8.52 0.00% 70.8
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍-前立腺悪性腫瘍手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 前立腺癌に対する腹腔鏡下手術(ロボット手術含む) 46 12.65 12.18 0.00% 66.5
解説

第1位に前立腺生検のための入院です。前立腺がんはPSAを検査するだけで診断を絞り込むができるため市民検診で発見されることが多く、無症状の段階で見つかることの多いがんです。
次に多いのは膀胱がんに対する手術です。膀胱がんは尿路に多発し、再発率が高いのが特徴です。男性のがんによる死亡原因としてその増加が注目されています。続いて、腎がんに対する手術です。85~90%は低侵襲な治療である腹腔鏡手術・ロボット支援下手術で行っています。前立腺がんの手術はほぼ100%がロボット支援下手術の適応です。

眼科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 白内障(片眼)に対する手術 439 2.48 2.78 0.2% 72.3
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-両眼 白内障(両眼)に対する手術 85 4.05 5.09 0.00% 74.9
020200xx9710xx 黄斑、後極変性-手術あり-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 黄斑疾患等に対する手術 53 9.28 6.71 0.00% 69.1
020240xx97xxx0 硝子体疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 硝子体疾患に対する手術 21 7.43 5.95 0.00% 70.6
020160xx97xxx0 網膜剥離-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 網膜剥離に対する手術 13 10.00 9.33 0.00% 65.8
解説

白内障に対する手術が上位を占めました。病名として最も多いのは老人性白内障で、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合・その他)を実施しています。
黄斑疾患等に対する手術が第3位となっています。老人性白内障、黄班、硝子体疾患、網膜剥離ともに加齢性の疾患とされています。基礎疾患のある患者さんも多く、他の診療科と連携をとり安心して入院していただけることを心がけています。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 当院の主な症例 患者数 平均在院日数 全国平均在院日数 転院率 平均年齢
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患-処置1:0-処置2:0-副病:0 扁桃、アデノイドの慢性疾患に対する切除術 44 9.16 7.80 0.00% 29.9
030428xxxxxxxx 突発性難聴-処置1:0-処置2:0-副病:0 突発性難聴に対するステロイド治療等 42 8.57 8.93 0.00% 54.5
030425xx97xxxx 聴覚の障害(その他)-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 難聴に対する手術 32 11.13 8.02 0.00% 32.7
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎-処置1:0-処置2:0-副病:0 慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔炎手術 28 6.36 6.80 0.00% 53.8
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 唾液腺・耳下腺腫瘍に対する手術 26 6.23 7.24 0.00% 58.5
解説

慢性扁桃炎やIgA腎症に対する扁桃切除術が最多でした。次に多いのが突発性難聴に対するステロイド治療です。当科をさらに専門化して治療を行う聴覚センターでは、小児の難聴をはじめとしてあらゆる難聴疾患を専門的に診断・治療を行っています。平均年齢が比較的低めに現れているのはそのためと考えられます。上位5位のDPC症例をみてもわかりますように、一般的な耳鼻科疾患だけでなく専門的な診療を行っています。

3. 初発の5大がんのUICC病期分類ならびに再発患者数

指標の意義

当院に入院されたがん患者さんの中で、現在日本で罹患率の高い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)に罹患された方を、病期(Stage:ステージ)分類別、再発別に集計しました。
がんの症例数を見ることで病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。また病期分類別にみることによってその病院の診療の幅広さを知ることができます。

算出定義

  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日までの退院患者さんが対象となります。
  • 臓器移植、自費、自動車賠償責任保険、労災保険の患者は除外しています。
  • 患者数は「のべ患者数」とします。
  • UICC分類は第8版を使用しています。
  • 大腸がんと肝がんについては、様式1の「癌取り扱い規約に基づくがんのStage分類」を利用しています。
  • UICC-TNM分類とは悪性腫瘍を分類するシステムで、腫瘍の広がりや転移の有無などによって進行度を表したものが、がんのステージ(Stage)となります。
      ・一般的に、がんができた臓器に限局したものはstageⅠ、あるいはstageⅡ
      ・所属リンパ節に転移するがんはstageⅢ
      ・原発巣から離れた臓器に遠隔転移をした場合はstageⅣ

算出結果

部位 UICC病期分類  初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃がん 201 15 35 40 56 45 1 第8版
大腸がん 207 152 214 292 86 412 2 第8版
乳がん 184 110 33 12 64 1 第8版
肺がん 179 27 102 67 49 126 1 第8版
肝がん 36 46 18 12 234 2 第6版

※ 1:UICC 2:癌取扱い規約

解説

当院は地域がん診療連携拠点病院として病院全体がひとつのチームとなり、幅広い総合的ながん診療に取り組んでいます。
胃がん、大腸がんは、いずれも早期の治療としてはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)により内視鏡的に切除を行います。外科的手術が必要な胃がんは腹腔鏡下手術を積極的に適応しています。大腸がんの外科的治療は、腹腔鏡下手術を第一に行っています。進行がんに関しては臨床腫瘍科、放射線科と連携し病状、病期、基礎疾患から患者さんに最善な治療を提供しています。
乳がん治療は手術ともに、適応のある患者さんには乳房[同時]再建を標準的に行うことができます。また、遺伝子検査でがんの性質を判断し治療に役立てています。薬物治療に関しては、臨床腫瘍科と連携をとっています。若年層の乳がん罹患率が増加していることから、産婦人科リプロダクションチームと連携し、将来の妊娠出産を希望される方の胚凍結・卵子凍結にも力を入れています。
肺がんはステージⅠ、Ⅱ、一部のステージⅢの患者さんを手術で治療しています。標準的治療は胸腔鏡下による肺葉切除術と系統的リンパ節郭清で、低侵襲で患者さんのお体に負担の少ない手術を心がけています。進行期や術後再発の肺がん患者さんには化学療法を行うとともに、早期から痛みの症状を和らげる緩和ケアをがんサポートチームと共に行っています。
肝がんに再発症例が多いのは、肝がんが一度罹患すると再発率が高いために繰り返しの治療(主に肝動脈血管塞栓術(TAE(TACE))、ラジオ波焼灼療法(RFA))を行っているためです。肝臓内科、消化器内科、消化器外科で連携し、患者さんの肝臓の機能や大きさ・部位などで肝切除、TAE(TACE)、RFAなどから適切な治療法を選択します。

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数 

指標の意義

当院に市中肺炎で入院された20歳以上の患者さんを肺炎の重症度別に集計しました。
肺炎は、高齢になるに従って、罹患率、重症化率及び死亡率が高くなる傾向にあります。肺炎の診療には、総合的な対応が求められるため、他職種によるチーム医療が必要な疾患の一つと言えます。

算出定義

  • 「市中肺炎とは」
    病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことで、この場合の成人とは20歳以上とした。
  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日までの退院患者さんが対象となります。
  • DPC請求上、入院のきっかけとなった病名及び、最も医療資源を投入した傷病名が「肺炎・急性気管支炎・慢性気管支炎・急性細気管支炎」の市中肺炎となる症例についての指標です。
  • 患者数が10名未満の項目については、個人情報保護の観点より「-」と表記しています。
  • 臓器移植、自費、自動車賠償責任保険、労災保険の患者さんは対象外となります。
  • 他院からの転院、ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、入院後に発症した場合は除外します。
  • 重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)による分類です。
肺炎の重症度分類システム(A-DROPシステム)
  1. 男性70歳以上、女性75歳以上
  2. BUN(尿素窒素)21mg/ml以上または脱水あり
  3. SpO2(酸素飽和度)90%以下(PaO2 60 Torr以下)
  4. 意識障害あり(肺炎に由来する)
  5. 血圧(収縮期)90mmHg以下
軽症 上記のいずれも満たさない → 外来治療
中等症 上記1つまたは2つを有する → 外来または入院
重症 上記3つを有する → 入院
超重症 上記4つまたは5つ、またはショック → ICU入院

算出結果

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 47 9.89 54.60
中等症 81 14.23 75.54
重症
超重症
解説

軽症の場合は外来診療が基本となりますが、患者さんの状態によって重症化が懸念される場合は入院加療となります。当院では中等症の患者さんが市中肺炎入院の半数以上を占めています。市中肺炎で入院される患者さんの半数以上がA-DROPシステムの年齢因子である男性70歳以上、女性75歳以上であることから、高齢化に伴う中等症以上の患者さんの増加傾向がわかります。この表では、平均年齢が上がるほど重症化していることと、平均在院日数が伸びることを表しています。当院は基礎疾患のある患者さんも多くいらっしゃいますので、早期回復をめざし、呼吸器センター内科を中心に幅広い診療科の協力のもと、ガイドラインに基づく治療を行っています。

5. 脳梗塞の患者数

指標の意義

脳梗塞で入院した患者さんについて、発症日の違いによる転院率、入院期間の違いを示しています。脳は虚血に大変弱い臓器ですので早期の治療が大変重要です。脳梗塞が完成する前に閉塞した動脈を再開通させることで後遺症が軽減し、社会復帰、自宅復帰の可能性が高まります。

算出定義

  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日までの退院患者さんを対象としています
  • 「ICD10」とはWHOによって公表された疾病及び関連保健問題の国際疾病分類のことです
  • DPC請求上、最も医療資源を投入した傷病名が脳梗塞(I63$)になるものを集計しています
  • 脳梗塞(脳卒中)とは、脳の血管が閉塞や狭窄などで十分な血液が供給されなかったため、脳が損傷を受けた状態のことです。意識障害、運動麻痺、失語症などの症状をきたします。
  • 患者数が10名未満の項目については、個人情報保護の観点より「-」と表記しています

算出結果

ICD 傷病名 脳卒中の発生時期 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内(急性期) 158 19.87 65.20 23.00%
その他(慢性期) 25 21.56 70.50 6.00%

 

解説

令和元年度に脳梗塞で入院された患者さんの約9割が発症してから3日以内の急性期入院であり、迅速に診療を行うことができる体制の維持・向上に務めています。
当院は脳神経外科、脳神経血管内治療科、脳神経内科による脳卒中センターを形成しており、夜間・休日も脳卒中当直が脳血管障害超急性期から急性期の病状に対して脳卒中診療にあたる体制になっています。脳卒中患者さんは、急性期、慢性期ともにご高齢の方が多い傾向があります。当院では、rt-PA静脈療法をはじめとする内科治療、血管内治療、開頭手術の全てに専門医が常勤しており、3科が密接に連携し専門スタッフが適切な治療を行っています。
脳卒中では早期からのリハビリテーションも重要となりますので、入院当初から専任のリハビリテーションスタッフが病状に応じた訓練をサポートしています。また、回復期は分院や他の回復期リハビリテーション施設と連携し、病期と病状に応じた医療施設に転院できるよう心がけています。

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

指標の意義

診療科別に手術件数の多い上位5術式について、それぞれの症例数、平均術前・術後日数、転院率、平均年齢を集計しました。各診療科が、どのような手術を多く行っているかを知ることが出来ます。

算出定義

  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日までの退院患者さんが対象となります。
  • 臓器移植、自費、自動車賠償責任保険、労災保険の患者さんは除きます。
  • 診療科ごとに、症例数の多い術式上位5症例を掲載しています。
  • DPCデータより算出しています。
  • DPC退院時科での集計となり、実際の手術症例実績とは合致しません。
  • 症例数が10例以下のものについては、個人情報保護の観点より「-」と表記しています。
  • 平均術前日数と平均術後日数は手術日当日を含まない日数を表示しています。

算出結果

肝臓内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 91 2.86 10.51 0.00% 73.91
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 23 4.96 9.61 8.70% 60.96
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2センチメートル以内のもの)(その他のもの) 18 2.17 7.28 0.00% 67.33
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 15 7.93 18.33 0.00% 70.47
K6952 肝切除術(亜区域切除)
解説

第1位の血管塞栓術、第3位の肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法は、いずれも肝がん治療の為の手術となります。第4位・5位の肝切除術は消化器外科で肝がんの手術を行い、当科に転科して術後の評価および管理を行ったものです。
食道・胃静脈瘤の治療は内視鏡的に行うもので、第2位の結紮術(EVL)は静脈瘤を輪ゴムで結紮する治療です

血液内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 12 24.00 8.00 0.00% 57.17
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K6262 リンパ節摘出術(長径3センチメートル以上)
解説

血液内科では造血幹細胞移植を多数実施していますが、臓器移植は本集計から除外となりますので上記のようになりました。第1位の造血幹細胞採取は自家移植(患者さん自身の造血幹細胞を事前に採取・保存し、それを移植に用いる方法)のために行います。ドナーの方から造血幹細胞の提供を受ける移植を同種移植といいます。
第2位以降はいずれも10例未満の症例ですので「-」で表示しています。

内分泌・代謝内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 35 2.77 17.03 0.00% 46.89
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K171-22 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(頭蓋底脳腫瘍(下垂体腫瘍を除く。))
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)
K0841 四肢切断術(足)
解説

今回は退院科としての集計です。上記の手術はいずれも別の診療科で実施し、内分泌代謝科で退院となった症例を表しています。
内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術は顕微鏡下で行われる手術で、間脳下垂体外科で実施しています。下垂体腺腫は術後にホルモンの評価と管理を行うために当科の内分泌部門に転科しています。
他の術式併は存症等で他科で手術を行ったあと当科での退院となっています。当院では総合病院の特性を生かし患者さんの状態にあわせて診療科間で連携できる体制をとっています。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 222 1.05 1.76 0.00% 67.96
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 167 1.44 8.65 0.00% 71.74
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 107 3.07 10.06 6.54% 68.66
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 106 2.15 9.43 0.00% 68.25
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 104 1.19 6.49 0.00% 63.56
解説

消化器内科は胃腸グループと肝胆膵グループのふたつの専門で形成されています。当集計は標榜診療科としての掲載ですのでトップ5は上記の通りになります。

【胃腸科】
内視鏡下で行う手術で上位5件を占めています。第1位は大腸ポリープの治療です。内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(EMR)は通常、外来で実施しますが、患者さんの病状や年齢にあわせて入院でも多く実施しています。2位以下は胃がん、食道がん、大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。早期に発見できれば身体的な負担が比較的少ない治療を行うことが可能です。

【肝胆膵科】
退院科ごとに行っている集計ですので当科を退院された症例のみが症例数として計上されています。第4位の内視鏡的胆道ステント留置術は内視鏡的逆行性胆肝膵造影検査(ERCP)を応用した手技の一つで高齢者の総胆管結石発作や胆管炎症例に多く用いられています。当科は消化器外科や臨床腫瘍科などの他科症例のERCPも施行しています。胆道や膵臓の病気では内視鏡によるこれらの処置や治療が欠かせないものとなっています。

循環器センター

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 166 2.80 2.41 0.00% 68.84
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 128 2.41 2.11 0.00% 60.58
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 62 3.98 3.13 0.00% 70.94
K554-21 胸腔鏡下弁形成術(1弁のもの) 45 2.82 5.78 0.00% 57.16
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 30 1.90 4.57 0.00% 75.53
解説

狭心症を代表とする冠動脈疾患を圧倒的に多く診療しており、術式では冠動脈形成術に伴うステント留置術を多く行っています。第2位は心房細動や頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションのうち、心房中隔を穿刺して行うものです。3位はロータブレータを用いた血管形成術です。当院は症例数が多く、当院の特徴でもあります。4位は主に僧帽弁閉鎖不全症に対する手術です。右小開胸による低侵襲心臓手術(MICS)を積極的に行っています。第5位は下肢閉塞性動脈硬化症に対する手術です。下肢閉塞性動脈硬化症には画像診断を行い、必要に応じてはカテーテル血管内治療や胸腔鏡を用いた手術などの治療を積極的に行っています。その他の冠動脈手術としてはバルーンで血管を広げてステントを挿入するPCI(経皮的冠動脈インターベンション)も多く実施しています。内科と外科、そして循環器診療に関わる全ての専門科が一体のハートチームとして、循環器疾患を持つ患者さん1人1人に適した治療を提供するように心がけています。

腎センター

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K610-3 内シャント設置術 72 6.57 12.28 5.56% 66.82
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 65 1.92 3.06 1.54% 65.95
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 19 4.11 4.68 0.00% 67.16
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 13 8.09 25.25 0.00% 59.82
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術
解説
腎センター外科で代表的な腎移植はDPCデータ対象外のため、本集計には含まれていません。
最も多い症例は、末期腎不全患者さんに対する内シャントの作成です。内シャントは血液透析に欠かすことができません。2位は経皮的シャント拡張術・血栓除去術です。内シャントの狭窄や閉塞などのトラブルが生じた場合にはバルーンカテーテル法を用いた経皮的血管拡張術(PTA)や再建手術を迅速に行います
第3位の内視鏡的ポリープ・粘膜切除術は当科へ転科する前に消化器内科で実施されたものです。さまざまな合併症を有する複雑な病態の透析患者さんに関しては他の診療科と協力しながら、よりよい医療を提供できるようにしています。第4位は末期腎不全患者さん対する人工血管の移植です。人工透析を行う際に作成する内シャントは患者さんの病状によって第2位の自己血管で作成するものや、人工血管を移植する方法があります。

腫瘍内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 42 2.22 9.56 2.38% 61.73
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 10 24.50 15.40 10.00% 68.10
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
解説

第1位、2位は位は植込型カテーテル設置となります。これは抗がん剤を投与するためのカテーテルを接続するポートを作成する手術です。第3位以下は10件未満ですので「ハイフン(-)」表記となります。
臨床腫瘍科では乳がん、大腸がん、胃がん、泌尿器がんを中心に院内連携をとり合い、さまざまな悪性腫瘍の薬物療法と緩和ケアを実施しています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 94 4.09 7.03 2.13% 67.19
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 57 3.16 8.07 0.00% 70.44
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 55 3.75 5.40 0.00% 69.20
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 46 3.76 5.52 0.00% 61.89
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 25 2.44 3.76 4.00% 34.32
解説

上記は当科の手術症例のトップ5(全例胸腔鏡下手術による症例)を提示してあります。
しかし疾患別症例数でなくDPCというまとめ方による症例数です。肺悪性腫瘍手術とは原発性肺がんや転移性肺腫瘍、肺悪性リンパ腫等の手術の総称で、各々の術式別(区域切除、肺葉切除、部分切除)で症例数が表記されています。その他のものとは炎症性肺疾患や、良性腫瘍に対する手術です。胸腔鏡下肺切除術とは嚢胞性腫瘍等に対する手術です。

消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 195 2.12 3.67 0.51% 58.32
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 194 4.44 10.05 2.06% 67.27
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)(内視鏡手術用支援機器を用いて行った場合を含む) 93 4.42 13.37 0.00% 63.96
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 71 1.13 1.58 0.00% 72.76
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 62 1.15 2.35 0.00% 66.19
解説

消化器外科は上部消化管、下部消化管、肝胆膵の3つの専門グループで形成されています。当集計は標榜診療科ごとの計上になりますので上位5位までは上記の通りになりました。また、退院科にて実施症例を計上していますので実際の手術症例数より少なく表示されていることをご承知ください。

【上部消化管グループ】
主な症例は食道がん・胃がんです。胸腔鏡やロボット支援下手術を令和元年より導入し、食道がん・胃がんともに半数を超える割合で胸腔鏡手術を実施しています。上記は手術コード集計となるので食道がんは上位5件には含まれておりませんが数多くの入院・手術を実施しています。患者さんの術後経過を改善するため当院独自にすすめている胃温存回結腸間置再建術(胃はそのままに、小腸と大腸の一部(回腸と上行結腸)で食道代わりを再建する手術)を積極的に行っています。

【下部消化管グループ】
令和元年度の集計では結腸がん・直腸がんに対する手術が大半を占めています。侵襲性の低い腹腔鏡手術やロボット支援下手術を第一に選択し、多数合併症のある方やご高齢の方に対しても根治を目指しております。また直腸癌に対しては他科と綿密に連携し、術前放射線や化学療法を駆使することにより可能な限り肛門温存に努めております。
早期発見・早期治療に努め、外来受診後、約2週間以内に手術を行うようにしています。

【肝胆膵グループ】
胆石性胆のう炎や胆のうポリープに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く扱い、消化器外科で1番多い手術となりました。
また、肝がんに対する肝切除術は、切除する肝臓の範囲によって術式が異なりますので症例数が分散し、上位5件には含まれませんが、肝がん切除も多数行っています。膵がんの手術も当科で行っております。再建法として残膵を胃に吻合する膵胃吻合術を昭和60年(1985年)に我が国で最初に実施した経緯があり、現在では安全で標準的な再建法となっています。
当科では肝臓内科、消化器内科と連携し、患者さんにとって最適な治療を提供できることを心がけています。

乳腺・内分泌外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 156 1.13 3.08 0.00% 55.37
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 98 1.33 6.28 0.00% 57.91
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5センチメートル未満) 46 0.43 1.41 0.00% 41.70
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 44 1.64 7.73 0.00% 57.89
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)) 21 1.38 6.81 0.00% 48.57
解説

乳がんの切除術が上位を占めています。これらの違いは切除する乳房の範囲とリンパ節郭清(リンパ節転移治療のための切除)です。当科は適応のある場合は当院の形成外科と連携し、標準的に乳房再建(同時再建)を提供することができます。第3位の乳腺腫瘍摘出術と、は乳房腫瘤の確定診断や乳がんの追加切除で行われる術式です。腫瘍の遺伝子検査の実施、薬物療法に際しての妊よう性の温存(受精卵凍結・卵子凍結など)を行っております。そのために幅広い専門分野と連携をとり、あらゆる先進的な医療に対応できる環境を作っています。

脳神経・血管外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステントを用いるもの) 35 1.29 6.69 0.00% 61.37
K1781 脳血管内手術(1箇所) 28 0.96 8.50 7.14% 58.79
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 22 3.36 7.91 4.55% 67.55
K178-2 経皮的脳血管形成術 14 2.00 13.21 35.71% 64.36
K178-4 経皮的脳血栓回収術 13 0.00 14.08 46.15% 71.31
解説

脳血管治療とは、カテーテルと呼ばれる細い管を使い、脳や脊髄の血管疾患を切らずに治す治療法です。第1位、2位ともに未破裂性脳動脈瘤治療のための脳血管内手術となっています。脳血管内手術とは脳や脊髄の血管疾患を開頭せずに行うことができ、患者さんの負担が比較的少ない安全性の高い治療です。第3位はステントとよばれる金属製の網状の筒を留置して行う手術で、頚部の内頚動脈狭窄症に対して行います。現在、脳および脊髄の血管疾患には経過観察、内科療法(薬剤による治療)、外科療法(手術)、放射線治療、そして血管内治療があります。疾患の自然経過と治療効果を患者さんと共に考え、最善の方法を選択したいと考えています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 53 5.92 28.26 5.66% 54.43
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 41 2.49 27.83 24.39% 60.68
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 0.61 10.94 3.23% 73.32
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 27 1.07 37.07 81.48% 67.30
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 18 2.80 22.47 16.67% 51.00
解説

悪性脳腫瘍や髄膜腫、聴神経膠腫などの良性脳腫瘍を摘出する開頭手術を多く取り扱っています。
2番目に多い脳動脈瘤頸部クリッピングは、未症候性未破裂脳動脈瘤に対するものが主ですが、脳卒中センターとして緊急手術を実施した症例も含まれています。第3位は硬膜下血腫に対する治療、第4位は脳内出血に対する治療、第5位はもやもや病に対する手術です。

間脳下垂体外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 146 2.06 12.88 0.00% 52.47
K171-22 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(頭蓋底脳腫瘍(下垂体腫瘍を除く。)) 18 2.44 13.17 0.00% 55.00
K151-2 広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術
K154-3 定位脳腫瘍生検術
K331 鼻腔粘膜焼灼術
解説

間脳下垂体外科は間脳下垂体疾患の患者さんに特化し、専門性の高いより高度な医療を集約的に行う事を目的に国内で最初に設立された診療科です。
下垂体腫瘍(先端巨大症・クッシング病など)や頭蓋咽頭腫に対する内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術を最も多く取り扱っています。本集計では退院科ごとの掲載としていますので約160例の実施となっていますが、術後管理のために小児科や内分泌代謝科に転科し退院となる場合もあり、内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術は合わせて約230例の実施がありました。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術(股、膝) 122 5.29 26.40 2.46% 72.21
K142-5 内視鏡下椎弓形成術 58 3.45 8.53 3.45% 72.95
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 44 2.54 18.03 47.73% 75.65
K131-2 内視鏡下椎弓切除術 37 3.62 7.68 0.00% 73.35
K0462 骨折観血的手術(下腿、前腕) 33 3.06 9.85 15.15% 62.86
解説

第1位の人工関節置換術の内訳は原発性股関節症に対する手術が78件、原発性膝関節に対する手術は44件となります。
人工股関節・膝関節置換術は片側ずつ行う方法もありますが、当院では、両側同時に行う人工股関節置換術・人工膝関節置換術も行っています。そういった理由から、当集計の症例は実際の術数より少なく表示されています。さらに、人工股関節置換術では、最新の手術法である前方アプローチという方法を取り入れています。この方法は最少侵襲ですので、筋組織を全く切開せずに手術を行うことができ、股関節後方の筋肉も温存されるため脱臼のリスクが低減されます。整形外科疾患の多くは致命的ではないものの生活動作に支障をきたすものです。当科では患者さんの要望・社会的・身体的背景を考慮して最適の治療計画を定時し、十分ご納得いただいた上で治療を進めるように心がけています。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 59 1.05 2.24 0.00% 50.85
K029 筋肉内異物摘出術
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹、肩)
K617-2 大伏在静脈抜去術
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上)

 

解説
近年の乳がん症例増加に伴い、第1位は乳がんのインプラント手術となりました。当集計は退院科でのものですので手術トップ5にはあがりませんが、乳がん術後のエキスパンダーによる乳房再建術は約60例の実施がございました。乳腺・内分泌外科と連携して手術を行っています。第2位以降の手術は10例未満の症例のため「-」表示としています。当科は体表の変形や欠損を外科的に治療する守備範囲が広い診療科であり、施行する術式の種類は数多くございます。患者さんの希望・要望を取り入れながら、個々人にとって安全で最良の医療を提供できるようにしています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 68 0.96 6.74 1.47% 66.99
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上、4㎝未満) 24 0.48 6.74 0.00% 26.83
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 23 0.50 1.03 0.00% 49.14
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) 19 0.47 2.49 0.00% 55.44
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) 12 0.92 2.42 0.00% 46.83
解説

皮膚の悪性腫瘍切除術の症例を多く取り扱っています。局所麻酔で日帰り可能な手術は外来で実施しますのでこの中には含まれていません。
入院で行う全身麻酔下での小児の母斑や腫瘍に対する手術を反映し、皮膚良性腫瘍の手術の平均年齢が比較的低くなっています。
皮膚は外から見える臓器ですので、患者さんの立場に立って早期に積極的な治療を行うことを常に心がけています。

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 70 0.99 3.84 0.00% 40.49
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 63 0.84 1.18 0.00% 42.62
K877 子宮全摘術 50 1.26 8.90 0.00% 50.52
K867 子宮頸部(腟部)切除術 44 1.00 1.00 0.00% 42.39
K879 子宮悪性腫瘍手術 32 2.38 12.50 0.00% 55.47
解説

第1位は卵巣嚢腫の腹腔鏡手術です(卵巣と卵管を合わせて子宮付属器と呼びます)。表中の数字は、卵巣嚢腫だけを摘出して卵巣は温存する卵巣嚢腫摘出術と卵巣ごと切除する卵巣切除術(付属器切除術)の両方を合計したもので、左右いずれかの卵巣の手術しか行わなかった場合も含まれています。第2位は子宮鏡下で行う手術で子宮内膜ポリープ切除術です。第3位は開腹して行う子宮全摘術です。おもな対象疾患は大きな子宮筋腫です。腹腔鏡では手術できないくらいに子宮が大きくなった場合に行います。なお、子宮筋腫では筋腫の位置や数・大きさによって腹腔鏡手術、子宮鏡手術、開腹手術の3種類の手術を行っています。第4位は早期子宮頸がんに対する治療です。第5位は子宮体がんや子宮頸がんに対する手術です。これ以外にも当科では初期の子宮体がんに対しては、腹腔鏡手術も行っています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 118 1.36 3.82 0.00% 72.55
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 56 2.34 7.80 0.00% 67.79
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 35 1.34 4.57 0.00% 71.11
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 34 1.29 2.79 0.00% 62.24
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 28 1.25 10.46 0.00% 68.25
解説

手術症例の圧倒的第1位は膀胱がん摘出術(TUR-Bt)となります。膀胱がんは尿路に多発し、再発率が高いのが特徴です。
腎がんに対する手術は腹腔鏡下で行うものと開腹で行うものの術式コードが異なるため集計上分散し、トップ5では第2位の腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術があがるのみとなっています。第3位の前立腺のレーザー治療は前立腺肥大症に対するもので、第4位の尿路結石に対する治療は開腹することなく内視鏡による粉砕を行うものです。5位は前立腺がんに対するロボット支援下手術です。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 523 0.71 1.03 0.19% 72.77
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 79 0.94 7.41 0.00% 69.09
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 24 1.00 6.29 0.00% 68.33
K2686 緑内障手術(水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術)
K281 増殖性硝子体網膜症手術
解説

第1位の水晶体再建術(眼内レンズ挿入)は老人性白内障に対する手術で、当科でも圧倒的多数を占めています。白内障手術では乱視矯正眼内レンズと多焦点眼内レンズを選択できます。第2位の硝子体手術は黄斑疾患に対する手術で、第3位は硝子体出血、網膜剥離等に対する硝子体手術です。いずれも加齢性疾患が多いのでご高齢の患者さんが多くなります。当科では加齢性疾患に重点を置いた診療を行い、総合的なケアを提供することを目指しています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 62 1.02 7.42 0.00% 34.63
K328 人工内耳植込術 31 1.65 8.48 0.00% 31.32
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 21 1.00 3.86 0.00% 57.38
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 13 0.08 3.69 0.00% 42.23
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 12 1.00 5.00 0.00% 58.58
解説

第1位の口蓋扁桃摘出手術は慢性扁桃炎だけでなくIgA腎症に対する手術でもあり、腎センターと連携して治療を行っています。第2位は聾唖に対する人工内耳植込術でした。当科の聴覚センターは人工中耳・人工内耳などの人工聴覚臓器を扱う施設であり、小児の難聴疾患も専門的に診断・治療を行っています。
第3位、4位は扁桃腺周囲膿瘍に対する切開手術です。第5位は耳下腺腫瘍に対する摘出術です。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

指標の意義

医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、あるいは様式1の精度向上を図るため以下の傷病名を、入院契機病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示しています。

・播種性血管内凝固 …感染症などによって起こる、全身の重症な病態
・敗血症    …感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態
・その他の真菌症…真菌(カビ等)による感染症
・手術・術後の合併症…手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態(術後出血等)

算出定義

  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日までの退院患者さんを対象としています。
  • 臓器移植、自費、自動車賠償責任保険、労災保険の患者さんは除きます。
  • DPC請求上、最も医療資源を投入した傷病名が次のいずれかになるものの集計です。
      ・播種性血管内凝固(DPC:130100)
      ・敗血症(DPC:180010)
      ・その他の真菌症(DPC:180035)
      ・手術・術後の合併症(DPC:180040)
  • 14桁あるDPCコードのうち、6桁で集計しています。DPCコード6桁とは病名による分類を表しており、治療方法は分類に関連しません。
  • 発症率(請求率)は[対象となるDPCコード6桁÷全退院患者数]%で表示しています。
  • 患者数が10名未満の項目については、個人情報保護の観点より「-」と表記しています。

算出結果

DPC6桁 コード 傷病名 入院契機 患者数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 10 0.06%
180010 敗血症 同一 23 0.14%
異なる 21 0.12%
180035 その他の真菌症 同一
異なる
180040 手術・術後の合併症 同一 104 0.61%
異なる 11 0.07%
解説

 「入院契機と同一」とは、例えば入院した時に播種性血管内凝固と診断されている患者さんであり、「入院契機と異なる」とは、入院した時には別の病気で入院したがその後に播種性血管内凝固をおこし元々の病気の治療よりも播種性血管内凝固の治療に時間を要する(医療資源を多く投入した)場合のことを言います。 
 播種性血管内凝固(DIC)とは、様々な基礎疾患(悪性腫瘍や敗血症等)を原因として血液の凝固に異常をきたし臓器障害が起こる病態です。また、重篤な外傷、外科疾患の大手術後や、色々な感染症などから血液中に病原菌が入り敗血症になり、これが原因で播種性血管内凝固症候群がおこることもあります。
 播種性血管内凝固や敗血症はDPCで高額な点数が設定されているため、根拠のない請求はより厳しく監査されています。播種性血管内凝固として請求を行った患者さんの中で最も多いのが悪性腫瘍を契機に入院され、全身状態が悪化したというケースでした。当院では各診療科はもちろんのことですが、多職種で形成した感染対策チームを中心に感染予防対策の院内周知と、万が一感染した場合の迅速な対応に取り組んでいます。

更新履歴

2020/9/29

令和元年度 虎の門病院本院 病院指標公表

2019/9/27

平成30年度 虎の門病院本院 病院指標公表

2018/9/28

平成29年度 虎の門病院本院 病院指標公表

2017/9/29

平成28年度 虎の門病院本院 病院指標公表

2016/10/24

全指標 指標の意義、算出定義等を追加

2016/10/4

指標「その他」その他の真菌感染症の発生率を更新

2016/9/28

平成27年度 虎の門病院本院 病院指標公表

PAGE TOP