国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院
  日本医療機能評価機構 認定病院  地域医療支援病院認定施設

0773-62-2510



一般外来受付時間/午前8:30~11:30  
休診日 /土曜・日曜・祝日(急患対応あり)

0773-62-2510

  • 外来受診される方
  • 入院される方お見舞いの方
  • 医療連携
  • 初期後期研修について
  • 病院見学希望の方

診療科・部門紹介

検体検査部門


ホーム > 診療科・部門紹介 > 臨床検査科 > 検体検査部門

検体検査部門

検体検査部門構成

・生化学・免疫検査  ・血液・凝固検査  ・一般検査  ・輸血検査・製剤管理


検体検査部門の特色

検体検査部門では患者様の血液や尿などを材料とする検体検査をおこなっています。自動化とシス テム化により、迅速かつ正確な検査および診断デ-タを提供することで病気の経過観察、治療効果の 判定、重大な病気の早期発見などに大きく貢献しています。当部署には血液認定技師、輸血認定検査技師、緊急検査士などの学会認定を受けた技師を中心に技術の向上と専門性の高い検査に努め緊急 検査は、365日24時間体制で行っています。

生化学・免疫検査

1. 生化学的検査
患者さんから採血した血液や尿などのさまざまな成分を分析し、体に異常がないか、どの部分の疾患なのか、炎症があるのか、栄養状態はどうかなどを推測する検査です。血液中のブドウ糖やコレステロール、無機イオンや蛋白質など様々な化学成分の量を調べています。

2. 免疫・血清学的検査
体の中で起こっている抗原抗体反応(免疫反応)の特異性を利用して、自動分析機器の中で同じ様なことをおこさせ、感染症の診断や自己免疫疾患などの診断をおこなっています。肝炎ウイルス(B型肝炎・C型肝炎など)の検査、腫瘍マーカー検査(血液によるがんの検査)、甲状腺その他のホルモン、薬剤血中濃度などの測定を行います。


血液・凝固検査

1. 血液中の細胞(赤血球・白血球・血小板)や、血栓・止血に関わる成分について検査します。

2. 血液中の細胞の数を測定機器でカウントし、貧血や感染症などの有無を調べます。

3. 血液中の細胞を顕微鏡で観察し、白血球の種類を分類したり、各血球の形態異常がないか等を チェックします。白血病の診断や貧血・感染症の精査において重要な検査です。

4. 凝固線溶検査では、出血の際に止血できるか、血栓ができ易くなっていないかを調べます。 抗凝固療法のモニタリングにも必要な検査です。

5. 骨髄像の診断も院内で行なっています。(63件/2012年)


一般検査

尿や便、その他の体腔液の検査をします。

1. 尿検査では蛋白や糖、異常な成分が出現していないかを調べます。腎臓・膀胱などの病気はもちろん、肝臓の病気、糖尿病などその他の諸器官の機能も知ることができます。

2. 便検査は便中に微量に含まれる血液を検出し、消化管からの出血の有無を調べます。

大腸がんの検診にも利用されています。その他、寄生虫の有無を顕微鏡で観察したりします。


輸血検査・製剤管理

輸血とは何らかの原因(大量の出血・血液疾患など)でからだ中の血液成分が不足し、薬剤による改善が困難な時に行われます。その際、必要な血液成分を補充して臨床症状の軽減を図ることを目的としています。 その為に以下の業務を行っております。

1. 血液型・不規則抗体検査・交差適合
試験輸血による重篤な副作用がおこらないように、患者さんの血液と輸血用血液との適合性を調べる 検査です。 安全で有効な輸血療法を実施するうえで大変重要な検査です。

2. 輸血用血液の保管・管理
日本赤十字血液センターへの発注と供給された輸血用血液製剤(献血からの血液)適正に温度管理された専用保冷庫で保管・管理しています。またシステムを用いて輸血用血液の使用記録および副作用記録の登録・検索(輸血歴管理)も行っています。

3. 自己血の保管・管理
待機的手術を予定されている患者様への自己血輸血を推進すべく、院内で採血された自己血の保管を行っています。必要に応じて自己血全血の分離作業を行い、各種自己血製剤(全血・MAP・FFP・血小板・新鮮血漿・クリオ)を適正に専用保冷庫で保管・管理しています。

4.安全な輸血医療の推進
輸血用血液製剤の適正使用や輸血副作用の情報収集、遡及調査、輸血後感染症検査の実施など各種の情報提供など輸血療法委員会を通し、安全な輸血医療向上の為に院内への活動を行っています。


関連施設

すこやかの森は、家庭や地域との結びつきを大切に、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭復帰を目指す施設です。

0773-62-2510

PAGE TOP