国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院
   日本医療機能評価機構 認定病院  地域医療支援病院認定施設

0773-62-2510



一般外来受付時間/午前8:30~11:30  
休診日 /土曜・日曜・祝日(急患対応あり)

0773-62-2510

  • 外来受診される方
  • 入院される方お見舞いの方
  • 医療連携
  • 初期後期研修について
  • 病院見学希望の方

診療科・部門紹介

外科


ホーム > 診療科・部門紹介 > 外科

外科

特徴

当科の治療対象疾患は、食道から肛門までの消化管及び肝・胆・膵の消化器疾患、甲状腺・乳腺疾患、ヘルニア(脱腸)のいわゆる消化器外科、一般外科疾患です。 これらの疾患に対して、質の高い、まごころのこもった安心できる治療を心がけています。 がんなどの悪性疾患に対しては、標準的な治療を行うという考え方を大切にしています。
現在、がん治療は日々進歩しております。この進歩している治療法をいち早く取り入れて、日本でのあるいは世界での標準的治療を安心して受けてもらうことを我々の使命と考えております。
また、治療方針は患者さんとご家族の方と相談して決めております。標準的な治療が必ずしも患者さんにとって最高の治療となるとは限りません。患者さん一人一人の価値観を大切に考え、治療法の特徴を十分納得していただいた上で治療を行います。質の高い、まごころのこもった安心できる治療を行うには他科の医師・看護師・栄養士・事務スタッフなどとの十分な連携が必要となってきます。
当科では週1回、他科医師と手術症例に対してのカンファレンスを、また病棟ナースと外科医師が集まって入院患者さんに対してのカンファレンスを行っています。治療方針やケアなどの患者さんに関するすべてが一丸となって診療に取り組んでいます。

治療方針

“外科=手術”ではありません。先ずは手術せずに治療できるかどうかも検討します。
例えば急性虫垂炎(もうちょう)は抗生物質投与し、できれば手術せずに治療を行います。
また、一部の早期胃がん・大腸がんでは内視鏡的切除も行います。 手術が必要な場合では、最新の技術や考え方を取り入れて行っています。
例えば手術では体内で止血縫合などで糸を使いますが、“異物”として残り、時として病気の原因となる絹糸をできるだけ使用せずに、電気的に止血と切開を自動的に行う「リガ・シュアー」という手術機器や、高周波振動で止血と切開を行う「ハーモニック・スカルペル(超音波凝固場面に応じて使用しています。
これにより、使用する糸は非常に減り、同時に手術時間は短く、出血量も少なくなりました。
そして可能な限り「溶ける糸」を使うよう心がけています。また低侵襲である内視鏡下手術や機能温存手術も積極的に行っております。がんの手術では手術中に迅速病理検査でがんの進展範囲を即時に診断することにより、過不足ない適切な切除を行っています。

治療内容

Q:外科ではどんな病気を治療するのですか?

消化器の手術対象疾患を中心に以下の疾患を扱っています。ただし一部に耳鼻咽喉科、消化器内科、皮膚科、整形外科と重複する疾患もあります。

甲状腺疾患 甲状腺腫瘍、甲状腺癌
乳腺疾患 乳癌、乳腺良性腫瘍
食道疾患 食道癌、食道裂孔ヘルニア、アカラシア、逆流性食道炎
胃疾患 胃癌、胃潰瘍、GIST、胃良性腫瘍、穿孔
小腸疾患 GIST、小腸腫瘍、憩室、腸閉塞、腸管動脈血栓症
大腸疾患 大腸癌、大腸ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎、憩室、穿孔、腸閉塞
肛門疾患 痔核、裂肛、痔瘻、肛門周囲膿瘍
肝疾患 原発性肝癌、転移性肝癌、肝のう胞、肝膿瘍
胆嚢疾患 胆嚢癌、胆嚢炎、胆嚢結石症、胆嚢ポリープ
胆道疾患 胆管癌、十二指腸乳頭部癌、胆管結石症、胆管炎
膵疾患 急性膵炎、膵腫瘍、膵嚢胞、膵癌
腹部のヘルニア 腹壁瘢痕ヘルニア、ソケイヘルニア、大腿ヘルニア、臍ヘルニア
急性虫垂炎  
外傷  

診療実績


治療内容 平成27年度(2015)件数
(*うち腹腔鏡手術件数)
平成28年度(2016)件数
(*うち腹腔鏡手術件数)
平成29年度(2017)件数
(*うち腹腔鏡手術件数)
平成30年度(2018)件数
(*うち腹腔鏡手術件数)
幽門側胃切除術 15(3) 23(6) 16(5) 14(2)
噴門側胃切除術 2 1

0

2

胃全摘術 3 10 3 4
その他の胃手術 7(2)
結腸切除術 43(6) 39(9) 53(18) 44(12)
直腸前方切除術・直腸切断術 8(1) 15(2) 14(6) 17(5)
人工肛門造設・閉鎖術 9 10 7 11
その他の直腸・肛門手術 8 7 2 19
小腸切除・癒着剥離・腸閉塞手術 14 15 14 16
腹膜炎手術 5 8(1) 7(1) 13
虫垂切除術 24 18(9) 25(16) 14(9)
胆嚢摘出術 66(44) 69(37) 62(47) 53(28)
肝切除術 2 2 8 7
膵頭十二指腸切除術・膵頭尾部切断術 3 3 5 9
ヘルニア手術 62 98(11) 60(5) 71(1)
乳腺手術 8 17 7 11
その他       41
合計 272(54) 335(75) 283(98) 353(59)

その他

クリニカルパス

クリニカルパス*1を導入し、レベルの高い標準治療を行っています。手術を受ける患者さんは術前に、外来でほとんどの検査を済ませ、手術前日または前々日の入院となります。

*1 クリニカルパス:疾患別にあらかじめ綿密に計画された手順により、医師、看護師、薬剤師、栄養士等が共同して一貫した治療にあたる方式。入院期間の短縮、医療の質の向上、事故の防止に効果があるとされています。すべての疾患、症例に適応できるわけではありません。

化学療法

近年、癌治療における化学療法の役割は大きくなっています。外科では手術以外の治療法として、また術前術後の補助療法として抗がん剤の投与を癌治療ガイドラインにそって行っています。
尚、通院での抗癌剤化学療法は外来点滴室で行っています。

癌緩和医療

癌の治療をおこなう上で、癌自体への治療のほか、癌の症状を和らげる緩和治療は患者さんの生活の質を保つ上でとても大切です。外科では緩和治療に積極的に取り組んでいます。

認定施設

・日本消化器外科学会専門医修練施設・日本消化器内視鏡学会認定指導施設

担当医紹介


竹内 一雄  副院長 外科主任部長 消化器センター長 福井大学医学部臨床教授

医師免許取得年度 昭和62年
出身大学 福井医科大学(現 福井大学)
専門領域 一般外科 、消化器外科、 乳腺外科
所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本大腸肛門病学会、日本消化器病学会、日本消化器外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本胃癌学会、日本腹部救急学会、日本外科系連合学会
認定医・専門医等 資格 日本外科学会 専門医、日本消化器内視鏡学会 専門医


杉森 順二  外科 部長
医師免許取得年度 平成11年
出身大学 福井医科大学
専門領域 消化器外科
所属学会 日本外科学会、日本腹部救急医学会、日本消化器外科学会、日本癌治療学会、日本消化器病学会、日本静脈経腸栄養学会、日本消化器内視鏡学会、日本臨床外科学会
認定医・専門医等 資格 日本外科学会 専門医、 日本消化器病学会 専門医
コメント  


近藤 裕   外科 医長
医師免許取得年度 平成18年度
出身大学 京都府立医科大学
専門領域 消化器外科
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会
認定医・専門医等 資格 日本外科学会専門医
コメント 術をはじめ、医療は ‘’むずかしい‘’、‘’分かりにくい‘’ 事’がたくさんあると思います。「こんな事、聞きずらいな」と、遠慮なさらず、納得いくまでご質問下さい。


渡邉 信之   外科 医長
医師免許取得年度 平成20年度
出身大学 福井大学
専門領域 消化器外科
所属学会 日本外科学会
認定医・専門医等 資格 日本外科学会専門医、DMAT災害派遣医療チーム研修修了
コメント  


辻際 裕介   外科 医員
医師免許取得年度 平成29年度
出身大学 福井大学
専門領域 消化器外科、一般外科
所属学会 日本外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、北陸内視鏡学会、日本臨床外科学会
認定医・専門医等 資格
コメント 舞鶴のみなさんの健康的な生活の支えとなれるよう、鋭意努力してゆきます。何でもお気軽にご相談下さい。


関連施設

すこやかの森は、家庭や地域との結びつきを大切に、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭復帰を目指す施設です。

0773-62-2510

PAGE TOP