伝えます! KKR病院の魅力 KKRグループ病院説明会
あなたのキャリアプラン、考えてみませんか?

皆さんのお悩みに、先輩医師がお答えします!
KKRグループ病院ブースへぜひお越しください!!

プログラムの紹介プログラムの紹介

【プログラムⅠ】海外留学経験者による講演

KKR独自の海外留学制度を利用し、自身のキャリアアップを図っている先輩医師による講演をレジナビフェアKKRグループのブース内で行います。初期研修先を選ぶ上で、自身のキャリアプランについても改めて見つめ直す絶好の機会!ぜひご参加ください。

◎講演予定内容

  • 海外留学を心ざした理由・時期
  • 海外留学により得られるスキル・経験・知識
  • 初期研修先を探す上で気を付けたいポイント
  • KKRで働くことによるメリット

桑原 政成先生

虎の門病院
鳥取大学2007年卒

聖路加国際病院で初期研修・後期研修を行い、2013年から虎の門病院循環器センター内科で勤務。初期研修修了後、鳥取大学大学院に社会人大学院生としても所属し、学位(再生医科学博士)取得。2013年から自治医科大学公衆衛生学部門にも研究生として所属し、博士(医学)取得。KKRの海外留学制度を使い、2016年から米国コロラド大学にPostdoctoral Fellowとして留学、基礎研究を行う。2018年に帰国し、現在は虎の門病院循環器センター内科にて勤務。同院、集中治療部、高齢者総合診療部、冲中記念成人病研究所のリサーチメンター兼務。

高森 草平先生

横浜南共済病院
愛媛大学2005年卒

後期研修後、横浜南共済病院スポーツ整形外科に入職。KKRの海外留学制度を使い、ニュージーランド・リンカーン大学、スーパーラグビーチーム・クルセイダーズにて最先端のスポーツ医学を学ぶ。2018年に帰国し、現在も横浜南共済病院スポーツ整形外科に勤務。関東学院大学ラグビー部チームドクター、ラグビーU20日本代表、Jr.JAPANチームドクター、スーパーラグビー・クルセイダーズチームドクターなどを歴任。

【プログラムⅡ】KKR初期研修医との模擬診断【プログラムⅡ】KKR初期研修医との模擬診断

医学生参加型ワーク

臨床現場で活きる診断力を培おう!カンファレンス形式でワークショップを実施いたします。
このワークショップでは、KS-labが提供している医療シミュレーション学習のコンテンツ動画を全員で視聴し、KKRグループの初期研修医と一緒に事例検討を行います。そして、KS-labが考案した「トラブルシューティングアルゴリズム」を用い、問題解決に向けた実践的なグループワークを行っていただきます。
大学の授業や病院実習とは一味違った“医療シミュレーション学習の醍醐味”を、ぜひこの機会に体験してください。

[参加ご希望の方]

本プログラムへのご参加は事前申し込みが必要です。
下記「お申し込み」ボタンをクリックし、お申し込みください。

\先着25名限定! 申し込みはお早めに!/

プログラムII 模擬診断に参加を申し込む

参加予定病院

  • 立川病院
  • 虎の門病院
  • 横須賀共済病院
  • 横浜南共済病院
  • 横浜栄共済病院
  • 平塚共済病院
  • 枚方公済病院
  • 舞鶴共済病院 等

【プログラムⅢ】海外留学経験者による講演

KKR独自の海外留学制度を利用し、自身のキャリアアップを図っている先輩医師による講演をレジナビフェアKKRグループのブース内で行います。初期研修先を選ぶ上で、自身のキャリアプランについても改めて見つめ直す絶好の機会!ぜひご参加ください。

◎講演予定内容

  • 海外留学を心ざした理由・時期
  • 海外留学により得られるスキル・経験・知識
  • 初期研修先を探す上で気を付けたいポイント
  • KKRで働くことによるメリット

桑原 政成先生

虎の門病院
鳥取大学2007年卒

聖路加国際病院で初期研修・後期研修を行い、2013年から虎の門病院循環器センター内科で勤務。初期研修修了後、鳥取大学大学院に社会人大学院生としても所属し、学位(再生医科学博士)取得。2013年から自治医科大学公衆衛生学部門にも研究生として所属し、博士(医学)取得。KKRの海外留学制度を使い、2016年から米国コロラド大学にPostdoctoral Fellowとして留学、基礎研究を行う。2018年に帰国し、現在は虎の門病院循環器センター内科にて勤務。同院、集中治療部、高齢者総合診療部、冲中記念成人病研究所のリサーチメンター兼務。

高森 草平先生

横浜南共済病院
愛媛大学2005年卒

後期研修後、横浜南共済病院スポーツ整形外科に入職。KKRの海外留学制度を使い、ニュージーランド・リンカーン大学、スーパーラグビーチーム・クルセイダーズにて最先端のスポーツ医学を学ぶ。2018年に帰国し、現在も横浜南共済病院スポーツ整形外科に勤務。関東学院大学ラグビー部チームドクター、ラグビーU20日本代表、Jr.JAPANチームドクター、スーパーラグビー・クルセイダーズチームドクターなどを歴任。

2017年実施風景

第1部
座談会(シンポジウム)

枚方公済病院院長・野原 隆司先生をお迎えし、大きく変動する地域現場でどのような医師が活躍できるか、若手医師の将来の方向性などを語り合いました。

第2部
情報交換会

面接では聞けない質問や病院裏話、研修医のぶっちゃけトークまで自由に話せるフリータイム。全国から複数の病院・医師が参加し、本音を聞ける絶好の機会になりました。

KKRとは

KKRグループ33病院は、各病院が地域の中核的な存在として、地域住民や地域の他の医療機関から信頼される病院づくりを目指し、日々質の高い医療を提供すべく努力しています。私たちは質の高い医療の提供には「優秀な人材の確保と育成」が重要と考え、職員の研鑽と成長を支援するように取り組んでいます。
「職員一人ひとりが患者満足に貢献し、やりがいを持って働ける職場、長く働き続けられる職場づくりを目指して、皆が努力する」、KKRグループはそんな団体です。

地域医療への貢献

地域や他医療機関と連携し、患者さんとその家族のQOLを向上させるお手伝いをしています。また、増加する在宅医療ニーズに対応すべく、訪問診療や訪問診療所の整備を進めています。

質の高い医療

職員一人ひとりが専門性を高め、患者本位の医療を提供できるよう、常に自己研鑽に努めています。

シミュレーション・
ラボセンター(KS-lab)

設置から12年目となるKS-labでは、研修医はもちろん、医師、看護師、コメディカル、そして事務職員さえも様々な医療シミュレーション教育を学習し、職員全体での医療の質と安全の向上に貢献できるよう努めています。

イベントのお問い合わせ 申し込みはこちらから

ページTOPに戻る