よくある質問 Q&A 【被用者年金制度一元化等】 組合員の皆さま向け


 新しくできる年金払い退職給付(退職等年金給付)にも、今までと同様に公務による障害年金や遺族年金が設けられると聞きましたが、通勤途中の災害で障害になったり、死亡したときにも受給することができるのでしょうか。

 通勤途中の災害で障害になったり、または死亡したときには、公務障害年金や公務遺族年金の受給はできません。

 今年(平成27年)10月に創設される年金払い退職給付(退職等年金給付)には、公務による病気や負傷により、その病気などを起因として障害状態になったり死亡したときには、公務障害年金公務遺族年金 を受給することができます。
 ただし、この場合の「公務」は従来の共済年金とは異なり、「通勤」は除外されることとされ、いわゆる「通勤災害」を事由とした年金払い退職給付(退職等年金給付)は受給できません。

 

【参考】
・ 被用者年金制度の一元化の具体的な内容については、こちら
・ 平成26年10月発行リーフレット 平成27年10月から共済年金は厚生年金に統一されます
 (PDF1.59MB)

ページトップへ