よくある質問 Q&A 【被用者年金制度一元化等】 組合員の皆さま向け


 被用者年金制度の一元化により今年(平成27年)の10月から私も厚生年金の被保険者になるということですが、厚生年金の被保険者になるための事務手続きが必要となるのでしょうか。

 組合員の皆さまによる事務手続きは必要ありません。

 組合員の皆さまは、被用者年金制度の一元化により今年(平成27年)の10月から法律の規定に基づき、自動的に厚生年金の被保険者(加入者)となりますので、特段、事務手続きは必要ありません。

 なお、平成27年9月までの国共済の組合員期間を有する方に対しては、
・ 平成27年9月までの国共済の組合員期間は、厚生年金の被保険者であった期間(一元化法 附則7条)
・ 国共済の組合員であった間における標準報酬の月額および標準期末手当等の額は、厚生年金の標準報酬月額および標準賞与額(一元化法附則8条)
としてそれぞれ扱われ、平成27年10月1日以後に受給権を取得される年金の計算基礎となる、などの経過措置の適用があります。

(注)被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律(平成24年法律第63号)

 

【参考】
・ 被用者年金制度の一元化の具体的な内容については、こちら
・ 平成26年10月発行リーフレット 平成27年10月から共済年金は厚生年金に統一されます
 (PDF1.59MB)

ページトップへ