よくある質問 Q&A【被用者年金一元化等】

組合員の皆さま向け

 組合員の皆さま向けのよくある質問と、その回答です。

被用者年金制度の一元化関係

Q
最近、被用者年金制度一元化とよく聞きますが、具体的にどういうことですか。
Q
なぜ、被用者年金制度の一元化を行う必要があるのですか。
Q
私(昭和30年4月2日生まれ)は、来年(平成28年)3月末に60歳で定年退職する予定です。被用者年金制度の一元化で今年(平成27年)の10月からは共済年金の職域部分(3階部分)が廃止されると聞きましたが、私の年金の職域部分についても支給されなくなるのでしょうか。
Q
被用者年金制度の一元化前(平成27年9月分)まで納めてきた共済年金の長期掛金は、一元化でどうなりますか。
Q
被用者年金制度の一元化が行われる平成27年10月以降、年金に関する負担は増えるのでしょうか。
Q
被用者年金制度の一元化により今年(平成27年)の10月から私も厚生年金の被保険者になるということですが、厚生年金の被保険者になるための事務手続きが必要となるのでしょうか。
Q
厚生年金では、女性の場合には年金の受給開始年齢が早いとのことですが、私(女性)も早く受給することができるのでしょうか。
Q
私は、今年(平成27年)10月1日付けの人事異動で公庫等に出向する予定です。今年10月から共済年金が厚生年金に統合されるとのことですが、私は、今までどおり共済年金に加入することになるのでしょうか。
Q
年金払い退職給付(退職等年金給付)については、毎月積み立てている付与額などについて個人宛に通知が届くと聞きましたが、どのようなものなのでしょうか。
Q
44年以上加入した場合の老齢厚生年金の額の特例(長期加入者特例)は、会社員の期間などの他の種別の厚生年金期間と合計して44年以上となれば適用されるのでしょうか。
Q
障害共済年金は在職中でも支給されるのでしょうか。

ページトップへ

年金払い退職給付(退職等年金給付)関係

Q
平成28年10月からの退職等年金給付(年金払い退職給付)の利息計算に使われる利率は、いくつになるのですか。
Q
新しい年金払い退職給付(退職等年金給付)とは、どのようなものなのでしょうか。
Q
新しくできる年金払い退職給付(退職等年金給付)については、1年以上掛金を払わないと年金が支給されないということですが、来年(平成28年)3月に定年退職になる私でも新たな掛金を払わなくてはいけないのでしょうか。
Q
新しくできる年金払い退職給付(退職等年金給付)に係る掛金は、今年の10月以降、今まで負担してきた長期掛金の中に含まれることになるのでしょうか。
Q
今年(平成27年)10月から制度化される年金払い退職給付(退職等年金給付)の掛金は、所得税法上どのように扱われるのでしょうか。
Q
年金払い退職給付(退職等年金給付)制度が今年(平成27年)の10月から創設されるそうですが、この制度に加入するための事務手続きが必要となるのでしょうか。
Q
年金払い退職給付(退職等年金給付)制度が今年(平成27年)の10月から創設されるそうですが、組合員である私は、必ず制度に加入しなければならないのでしょうか。
Q
新しくできる年金払い退職給付(退職等年金給付)にも、今までと同様に公務による障害年金や遺族年金が設けられると聞きましたが、通勤途中の災害で障害になったり、死亡したときにも受給することができるのでしょうか。
Q
私は、今年(平成27年)10月1日付けの人事異動で公庫等に出向する予定です。今年10月から共済組合には新しく年金払い退職給付(退職等年金給付)制度が作られると聞きましたが、私もこの新しい制度の適用を受けることができるのでしょうか。
Q
私は、現在標準報酬の月額が41万円(23級)なのですが、平成27年10月から掛けることとなった退職等年金給付についての掛金は、いくらとなるのでしょうか。

ページトップへ