Q年金制度に加入した期間が10年以上なければ今回の改正でも年金は受けられないのでしょうか。

A

基本的には年金制度に加入していた期間、つまり、公務員や会社員として共済年金や厚生年金に加入していた期間、またはご自身で国民年金に加入していた期間を通算して10年以上となる場合に今回の改正後の要件に該当することになりますが、これらの年金制度に加入していた期間以外にも、資格期間に加えることができる期間(「カラ期間」(詳細は、こちらを含めて10年以上あれば改正後の要件に該当します。


なお、「カラ期間」とは、過去に国民年金に任意加入していなかった場合などでも、年金の受けとりに必要な資格期間に含むことができる期間(ただし、年金額の計算には反映されません。)のことをいい、主なものとしては次のような期間があります。


○昭和61 年3月以前にサラリーマンの配偶者であった期間
○平成3年3月以前に学生だった期間
○海外に住んでいた期間
○退職一時金の支給対象となった期間

ページトップへ