Q 年金から税金が差し引かれていますが、なぜですか。

A

老齢厚生年金や旧国共済法上の退職共済年金などは、所得税法上「雑所得」として、年金の支給の際に所得税の源泉徴収が行われることになっています。65歳未満の方はその年の年金額が108万円以上の場合、また、65歳以上の方は158万円(老齢基礎年金を受けているときは80万円)以上の場合、所得税の源泉徴収の対象となります。

ページトップへ