Q 「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」等について、教えてください。

A

障害厚生年金等の障害等級は、「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」に基づいて、認定されています。

このたび、精神障害及び知的障害の認定において、地域差による不公平が生じないようにするため、厚生労働省において「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」が策定され、平成28年9月1日から実施されることになりました。

また、適正な等級判定に必要となる情報の充実を図るため、新たに「診断書(精神の障害用)の記入要領」及び「日常生活及び就労に関する状況について(照会)」が作成され、ガイドラインの実施とあわせて実施することとなりました。

「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」等については、厚生労働省ホームペ-ジに掲載されています。

なお、「診断書(精神の障害用)の記入要領」及び「日常生活及び就労に関する状況について(照会)」に書かれている「日本年金機構」は、「国家公務員共済組合連合会」と読み替えてご覧ください。  

厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000130041.html(外部サイト)

ページトップへ