Q 介護保険料の特別徴収の対象となる年金はどのような年金ですか。

A

介護保険料の徴収の対象となる年金は、65歳以上の方が受ける退職年金、減額退職年金、通算退職年金、障害(共済)年金および遺族(共済)年金で、年間の支給額が18万円以上の場合です。

ただし、老齢基礎年金や旧厚生年金保険法による老齢年金等を併給しているときは、それらの年金から徴収されます。

ページトップへ