国家公務員共済組合連合会  医療事業のご案内 menu

2ヶ所の国内留学で 興味ある分野の学びを深めた

Dr’s Intervew

Dr’s Intervew

2ヶ所の国内留学で 興味ある分野の学びを深めた

横須賀共済病院    外科
後期臨床研修医3年目

矢後 彰一

profile profile 2011年 横浜市立大学卒業

「病気と闘う患者さんの力になりたい」と考え、医師を目指しました。初期研修先に選んだ横須賀共済病院は出身の横浜市立大学の関連病院で、学生時の実習や見学に訪れることで雰囲気を知ることができました。大学の先輩方の話も決め手になりました。初期研修時には、どの科においても様々な手技を早くから指導していただき、忙しい一方で多くの経験を積めることを実感しました。初期研修を修了して専門を外科に決め、後期研修も当院で継続、自分の習熟度に合わせた手術を担当し、多くの経験を積むことができました。

後期研修時に国内留学に応募したのは、「他施設の診察方法や指導を学ぶ良い機会だ」と思ったためです。留学先の虎の門病院では、自分の興味ある分野で著名な先生の手術・診察を学ぶことができ、モチベーションが上がりました。もう一つの留学先であるKKR札幌医療センターでは、専門外の分野を学び、多角的視点で考えられるようになったと思います。

当院では積極的に学ぶ姿勢があれば、自分の望んでいる以上の経験を積むことができます。また、連合会病院グループの国内留学制度を使って希望に沿った学び方を選ぶことができるので、有意義な研修ができるでしょう。

今後は、患者さんや周囲のスタッフから信頼される診療能力・技術を持ち、後進への指導力のある医師を目指します。