国家公務員共済組合連合会  医療事業のご案内 menu

学びたい分野に強い病院が必ずある 希望に応じた柔軟な研修体制

Dr’s Intervew

Dr’s Intervew

学びたい分野に強い病院が必ずある 希望に応じた柔軟な研修体制

三宿病院    内分泌代謝科
医員

竹田 朋子

profile profile

三宿病院を研修先に選んだのは、日本糖尿病学会糖尿病専門医など希望する専門医資格が習得できる点から。また、病院の規模がさほど大きくないため、各科間だけでなく他職種との距離感が近く、協力しながら患者様一人ひとりに合わせた治療ができます。

後期研修3年のうち2年間は内科を中心にローテートしますが、希望に応じてカリキュラム内容を柔軟に変更できます。各科の病棟業務に加え、内科初診外来、救急外来当番、内科主当直など、自分の力を試す機会も豊富です。

いずれも他科も含め上級医・指導医からのサポートがあるので、疑問や不安を解消しながら対応できる点が良かったと思います。

Common Diseaseを豊富に経験できた一方で、内分泌疾患や糖尿病合併妊娠など、なかなか経験できない症例もあることから、国内留学制度を使って虎の門病院・内分泌代謝科へ。同院の後期研修同様に糖尿病・代謝部門と内分泌部門で計6ヶ月間お世話になりました。

病棟業務を中心に科内・関連科(間脳下垂体外科・内分泌外科)のカンファレンス、学会発表等、知識を深める場も多く、高度で専門的な診療を経験できました。

 

また、同年代の研修医と切磋琢磨したこともよい刺激でした。ローテート研修で自分の志す分野以外の様々な経験を積むことは、医師としての大きな財産ですし、実際に研修をはじめると学生の時とは違う分野に興味が出てくるかもしれません。

連合会病院グループでは、国内留学制度を利用することで自分の学びたい分野に強い病院で研修できることが魅力です。